「ロブショットは難しいと思われがちですが、夏ラフの場合、実は一番やさしいショットになるんです」というのは、江連忠ゴルフアカデミーのインストラクター・米田貴プロ。ロブショットが簡単!? 一体どういうことなのか? 

通常のアプローチだと、芝の抵抗を受けてかえって難しい

なぜ夏ラフにはロブショットが効果的なんですか?

「たしかにアプローチの中では難しいショットです。ただ、夏ラフの場合、ボールの下には必ず隙間があるものです。そこにヘッドが入りさえすればいい。さらに、軌道が鋭角になるので、インパクト直前まで芝の抵抗を受けません。そういった意味でもロブがいいんです」(米田、以下同)

画像: ロブショットなら大きく振れるので、距離感の計算がしやすい。また、インパクトでゆるみにくいのでミスショットの原因にもなる

ロブショットなら大きく振れるので、距離感の計算がしやすい。また、インパクトでゆるみにくいのでミスショットの原因にもなる

ボールに対してカットに振れる構えを作る

ロブショットに必要なアドレスの注意点は?

「フェースを開いてオープンスタンス。この二つは絶対条件になります。またスタンス幅は、振り幅が大きくなるので広めにセットしてください」

画像: フェースは思い切って開いておこう

フェースは思い切って開いておこう

この構えをしても球が上がらない人は何が問題?

「グリップを強く握りすぎている可能性があります。また、ハンドファーストに構えるのも厳禁。通常のアプローチはグリップを短く持ちますが、ロブはヘッドの重さを最大限利用するために長く握ります。セットアップができれば、8割は完成。あとはスタンスなりにスウィングするだけ。ボールを上げようとせずに、振り切ることに集中してください」

画像: 「高さを出すためにボール位置は真ん中よりもやや左足寄りにセット。オープンスタンスの度合いが大きくなるほど、左にボールは寄せていきます」

「高さを出すためにボール位置は真ん中よりもやや左足寄りにセット。オープンスタンスの度合いが大きくなるほど、左にボールは寄せていきます」

ロブショットは難易度の高いショットだが、夏ラフに限って言えばもっともやさしい選択肢となる。さっそくコースで試してみよう!

この記事は、発売中の週刊ゴルフダイジェスト8/15号「“夏ラフ”アプローチ。30ヤードを切ったら超カンタン! ロブショット」の一部を抜粋。「ロブショットって難しいんでしょ?」って思っているゴルファー必見だ。

写真/大澤進二

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.