体重移動をフル活用し、飛ばしていたのは過去の話。今は回転でボールをとらえ、飛ばすのが主流になっている。女子ツアーでも回転主体で打つプロが多くなっている。平均飛距離250ヤード超を誇る女子プロ屈指の飛ばし屋・渡邊彩香によれば、飛ばしには「肩の回転」が重要だというが……!?

肩の回転を“強く”イメージ

体重移動を意識していた頃は右に出るミスが多く、その原因を考えた結果、体重が横に移動しているだけで肩が回転しないことに気付いたという渡邉プロ。

「肩の回転を強くイメージしたスウィングにしたところ、左右へのブレが抑えられるようになりました」(渡邉、以下同)

まずはテークバックで左肩を入れてトップを作り、そしてフォローに向けて右肩を回していく。トップとフィニッシュで左肩と右肩を入れ替える動きだが、体重移動を抑えても飛ぶ秘訣はクラブを立てて下ろすことだという。

画像: 「左肩と右肩を入れ替えます!」

「左肩と右肩を入れ替えます!」

「トップから腹筋を使って左腰でグッと切り返します。この時、クラブが寝ないように左わきを開けないのがポイントです。グリップエンドをボールに向かって下ろしていくとクラブが立って下りてきます」

肩を回すというとバックスウィングで左肩を入れるほうを重視されやすいが、渡邉プロの場合は「どちらかと言うとフィニッシュまで右肩を回すことを意識しています。そのほうが大きなフォローが取れるんです」

「肩を回すというとバックスウィングで左肩を入れることに意識が行きがちですが、フィニッシュまで右肩をしっかり回すことを意識します。その方が大きなフォローでボールをとらえられるんです」

画像: 「トップから一気にクラブを立てて下ろすことが飛ばしのポイント。グリップエンドをボールに向けて下ろすイメージです」

「トップから一気にクラブを立てて下ろすことが飛ばしのポイント。グリップエンドをボールに向けて下ろすイメージです」

その場でクルッと回る、回転打法なら効率よく飛ばしのエネルギーをボールに伝えることができる。体の負担をかけずに飛ばすようにしよう!

写真/大澤進二

(週刊ゴルフダイジェスト2016年9/6号より)

This article is a sponsored article by
''.