飛距離アップレッスンと破天荒なキャラクターで人気の“雑巾王子”こと武市悦宏プロは、飛距離を出すためにはテークバックから速く振る必要があるという。そして、そのためには右手の中指・薬指・小指3本が重要な役割を果たすというのだが……いったい、どのような動きか見てみよう!

テークバックが遅い人は絶対に飛ばない

よくテークバックをゆっくり上げろという人がいるが、ダウンスウィングでいきなり速く振り下ろしてしまうとヘッドが重たいぶん、必ず振り遅れてしまい、ボールにパワーは伝えられないという。

ヘッドスピードを上げるにはテークバックから勢いよく振り上げることが大切だが、そのためには右手の中指・薬指・小指の3本がカギを握っているという。

画像: #9『ヘッドを速く振るには指3本で上げよう!』武市悦宏のドライバー飛距離アップの極意【ゴルフライフwithTOYOTA】 youtu.be

#9『ヘッドを速く振るには指3本で上げよう!』武市悦宏のドライバー飛距離アップの極意【ゴルフライフwithTOYOTA】

youtu.be

ではどうやって右手の3本指を使ってヘッドを素早く動かすのか。ポイントは指でシャフトを引き上げる動きだという。

画像: 右手の3本(中指・薬指・小指)の指の動きが重要

右手の3本(中指・薬指・小指)の指の動きが重要

「テークバックの始動時に右手の中指・薬指・小指の3本指でシャフトを引き上げるように動かします。するとテコの原理のようにヘッドがいきなり動き出します。速く動かそうとしてグリップを強く握る人がいますが、これでは力みが生まれるだけで逆効果です。

速く振り下ろしたければ、テークバックも同じくらい速く振り上げないとスウィングリズムが安定しません。速く振りたければテークバックも速くしたほうが、逆に振り遅れのミスがなくなり、体の正面でインパクトしやすくなるのです。ヘッドスピードを上げるには、右手の3本指で引っかき上げる動きをぜひためしてみてください」(武市)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.