2017年10月6日より3日間の日程で行われるスタンレーレディスゴルフトーナメントの練習日、練習場でプロをもしのぐ飛距離を見せつけるアマチュアを発見! 早速話を聞いてみた。

勝みなみプロと同学年! 黄金世代のひとり

こんにちは! バンキシャM子です('◇')ゞ スタンレーレディスゴルフトーナメントの練習日に練習場で豪快なドライバーショットを繰り出す選手を発見! アマチュアの三浦桃香さんでした。2017年7月の最終プロテストを惜しくも1打差で通過できなかった三浦さんですが、そのショットは一見の価値あり。

三浦さんの魅力は168センチの長身から繰り出されるドライバーショットです。その飛距離はゆうに250ヤードは超えているようでした。カメラを向けると笑顔でピースサインをしてくれた三浦さん。その笑顔にドキッ。これはネクストヒロインの予感……ということで話を聞いてみましたよ!

「東名カントリークラブは、ゴルフダイジェストジュニアカップでは回ったことがあるのですが、ジュニアカップは裾野と愛鷹なので、実は桃園は初めて回りました(東名CCは裾野・愛鷹・桃園の27ホール)。アップダウンがあるので、疲れを残さないように気をつけます。あとは、ここのところ気温が低いのですごく寒くて……。でも、本番用に長ズボンは取っておいてあるので、寒さ対策はたぶん大丈夫だと思います」

画像: 寒さに負けず、頑張ります! 写真/田中宏幸

寒さに負けず、頑張ります! 写真/田中宏幸

と、落ち着いた様子。ちなみに自身の飛距離については、

「そんなに飛んでますか?(笑) 実は一度スウィングが壊れてしまって飛距離も落ちてしまったのですが、徹底的にスウィング改造をしました。飛距離は戻ってきているみたいで良かったです」

とのことでした。プロテストの悔しさを試合にぶつけて、ぜひ全力で戦ってきてほしいです! アマチュアの活躍も目立つ女子ゴルフ界。トーナメント観戦の際は、ぜひ三浦桃香さんのことも応援してあげてくださいね!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.