飛距離アップレッスンと破天荒なキャラクターで人気の“雑巾王子”こと武市悦宏プロは、「腕をシャフト化させれば、飛距離アップにつながる」と話す。飛距離の出るゴルファーに共通しているという左腕のシャフト化とは、一体どういうことだろうか?

左腕を利用して長尺ドライバー効果を出す

シャフトが長ければ長いほど物理的にヘッドスピードは上がる。しかしシャフトの長さはルール上規定があるため無制限とはいかない。「それなら左腕をシャフトにすればいい」というのが武市プロの考え。

画像: #10『ムチのように速く振る』武市悦宏のドライバー飛距離アップの極意【ゴルフライフwithTOYOTA】 youtu.be

#10『ムチのように速く振る』武市悦宏のドライバー飛距離アップの極意【ゴルフライフwithTOYOTA】

youtu.be

そうすれば、長尺ドライバーを振っているのと同じ効果が得られ、必ずヘッドスピードがアップ。おのずと飛距離も伸びるはずだと説明した。

一瞬よくわからない表現だが、飛距離の出るゴルファーは必ず左腕とシャフトを一体化させ、柔らかく振っているという。ではどうすれば左腕をシャフトのように使うことができるのか。その重要なポイントは左ひじにあった。

左ひじを曲げると自然と脱力できる

左腕をシャフトのようにするには左ひじをどのように使えばいいのか? ポイントは1つ。少しだけ曲げながらテークバックすることだ。左ひじを曲げる意識を持つとグリップを強く握り込むことがなくなり、ほどよく脱力できるため、左腕をシャフトのようにしなやかにしならせて使えるようになるという。

画像: 左腕を少し曲げる意識があると、腕をムチのようにしならせて振ることができる

左腕を少し曲げる意識があると、腕をムチのようにしならせて振ることができる

「飛ばない人のトップって誰の目から見ても力んでいるように見えますよね。力みはグリップを強く握っているから起こる現象ですが、アドレスからテークバック、そしてトップまで軽く左ひじを曲げておくと、自然とグリップを強く握らなくなるので力みが解消されます。その結果、左腕とシャフトが一体化した感覚で柔らかくクラブを振れるので、長尺シャフトと同等の効果が得られヘッドスピードがアップ。飛距離も必ず伸びるはずです」(武市プロ)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.