今回のギアはキャロウェイのXRシリーズ XR16ドライバーとXR PRO16ドライバーの2本を打ち比べてみたぞ!早速見てみよう

XR16ドライバー
XR PRO16ドライバー

画像1: XR16ドライバー PROも打ち比べ

今回試打したスペックは

XR16ドライバー
45.5インチ
ロフトは10.5度
シャフトは純正のSフレックス(フジクラ社製)

XR PRO16ドライバー
45インチ
ロフトは9度
シャフトは純正のSフレックス(フジクラ社製)

形状の特徴はボーイング社と共同開発したというクラウンにある突起があるところじゃの。
スピードステップクラウンというそうじゃ。

ヘッド周りの空気の流れを整流してヘッドスピードの低下を防ぐ役目じゃが、ピンのドライバーにもついておるの。

では試打してみよう

XR16ドライバー
特徴は弾きの良さと初速の速さ

画像1: XR16ドライバー 特徴は弾きの良さと初速の速さ

構えた感じの安心感もある。マット塗装で強そうなイメージだが振ってみると軽く振り抜けて力む必要はまったく感じないの。

XR16ドライバーは気持ちよく弾くぞ
初速アップにも好影響じゃろう

気持ちのよい打感だから、打っていて楽しい。シャフトもクセのないしなりで、振り抜きも軽く
何球打っても疲れない感じじゃ。多少、芯を外しても弾きの良さは変わらなく感じるからフェースの芯の広さを感じるぞ。

大きく曲がる球筋は出にくく、スライスが持ち球でもシャフトが走ってくれるので適度につかまえてくれる。%%インパクト付近でシャフトがヘッドを加速させてくれて%%red ボールもつかまえてくれるような印象じゃな。

画像2: XR16ドライバー 特徴は弾きの良さと初速の速さ

投影面積も大きくて、ややシャローなシルエットじゃのう。球を上がりやすくしてやさしいドライバーに仕上がっておるな。上半身はリラックスしてスムーズにフィニッシュまで振り抜けば、ロフト通りのキレイな球筋で飛んでいくぞ!

XR PRO16ドライバー
シャープな打感に強弾道で前へ

画像1: XR PRO16ドライバー シャープな打感に強弾道で前へ

見た目もギュっと締まっててシャープな印象じゃ。
マット塗装の強そうなイメージはXR16ドライバーと同じじゃな。

打ってみるとシャープな打感で かなりの強弾道 で飛び出したぞ
打感は硬すぎず、中弾道で風にも強そうじゃ。

スピン量が少なめの中弾道を描くので、もう少し球の高さが欲しい人は、ネックのカチャカチャをいじって少しロフトを寝かせてみよう。
スピン量が増えすぎることもなく、やや高弾道の重い球筋でで飛んでいくようじゃ

さらに打ってみよう。 「左へ曲がらない」
つかまりが悪いわけではなく、操作性は高いのに左への引っかけやチーピンが出にくい設計になっておるようじゃ。

ヘッドスピードの速いゴルファーHS43以上(47でも大丈夫じゃぞ)のゴルファーにおススメじゃのう。

画像2: XR PRO16ドライバー シャープな打感に強弾道で前へ

叩けるハードヒッターでも、フィニッシュまで一気に振り抜けるヘッドスピードの速いタイプでも満足できるヘッドに仕上がっている。

シャフトはXRドライバーに比べて0.5インチ短い仕様じゃ。その分シャフトの挙動は少し締まった印象じゃ。

また次回をお楽しみに~

画像: 全力試打!ギア王 「キャロウェイ XR16ドライバー・XR PRO16ドライバー」 www.youtube.com

全力試打!ギア王 「キャロウェイ XR16ドライバー・XR PRO16ドライバー」

www.youtube.com
画像: www.youtube.com

www.youtube.com
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.