【毎週金曜更新】アマチュアゴルファーのお悩み解決レッスン
プロゴルファー木村友栄の「わかりました!」

木村 友栄(きむら ともはる)
通称:キムトモ。1976年生まれ。日大ゴルフ部出身。日本学生選手権優勝。現在は、ツアーに挑戦しながらニュー南総GCでレッスン活動も行っています!

今回は齊藤祥一さんにお悩みを聞きました。

画像1: 【毎週金曜更新】アマチュアゴルファーのお悩み解決レッスン プロゴルファー木村友栄の「わかりました!」

平塚さんは、ショートアイアンで左にひっかけてしまうということ。

画像2: 【毎週金曜更新】アマチュアゴルファーのお悩み解決レッスン プロゴルファー木村友栄の「わかりました!」

早速、キムトモのレッスン開始!POINT3つを紹介します。
これで解決方法が「わかりました!」

POINT1 
フェースの向きと左手の甲を合わせよう

画像: POINT1 フェースの向きと左手の甲を合わせよう

齋藤さんのお悩みはショートアイアンで「引っかけ」が出てしまうとのこと。早速キムトモのチェックでお直ししましょう!

もともとショートアイアン(9-PW-AW-SW)はロフトが寝ているためにその特性上引っかけが出やすいクラブです。逆にロフトの立ったクラブのロングアイアンやドライバーなどはスライスが出やすいクラブといえます。ロフトが寝ているとフェースは左を向きやすく左に曲がるサイドスピンがかかりやすくなります。

そこで先ずはアドレスのチェックです。フェースの向きをターゲットに正確に合わせることが基本の第一ステップになります。構えるたびにフェースの向きが違ってしまうと、手を返したり体で無理やり合わせたりとスウィングも安定しない原因となります。「左手の甲の向きとフェース面の向きを比例させる」同じ面を意識するとフェース面の管理がやさしく体感できます。

実際のスウィングではフェース面の意識よりも「左手の甲でインパクトする」イメージの方が方向性を出しやすいと教えてくれました。

POINT2 
ボールの近くに立ち手元を高くしよう

画像: POINT2 ボールの近くに立ち手元を高くしよう

次はクラブのライ角について。クラブヘッドのトゥ側が極端に上がってしまうと「つま先上がり」の
ライで打っているのと同じように左へ引っかけやすくなってしまいます。ボールに近づいて立ち、手元を少しハンドアップにすることでクラブのライ角通りに構えられるようになりましたね。

一般的にクラブヘッドのトゥ側と地面の隙間は10円玉が1枚から2枚程度入るくらいといわれています。それは、インパクトの瞬間はトゥダウンして地面と同じ角度に当たるようになります。引っかけが出てしまう方は立ち方やクラブのライ角のチェックをしてみましょう!

POINT3
フィニッシュは重心を左足に乗せよう

画像: POINT3 フィニッシュは重心を左足に乗せよう

最後はフィニッシュの形です。ショートアイアンは振り切るというより方向性を重視した
スウィングになりがちです。気をつけないと体重移動が足りなくなって体の回転よりも手先を使ったスウィングになってしまいますね。手先を使いすぎると体の回転が止まりクラブヘッドが返ってしまい引っかける原因になります。

コンパクトなスウィングであっても体重移動をしながら体の回転でスウィングするようにしましょう。キムトモが教えてくれた、テニスボールを半分に切ったものを使うドリルは世界ランク2位のジェイソン・デイも使っているので、ご存じの方もいらっしゃるとは思いますが齋藤さんの場合は「左のつま先」で踏んでスウィングしてみました。

しっかり左への体重が移動して体の回転でスウィングできてフィニッシュもきれいにおさまりましたね。練習場でコッソリやれば誰にも気づかれずに効果抜群ですよ!

キムトモの悩み解決レッスンでこ~んなに改善されたのですが・・・どれだけ直ったかは動画で確認してくださいね!

画像: ⑯ショートアイアンの引っかけ対処法「キムトモのわかりました!」 youtu.be

⑯ショートアイアンの引っかけ対処法「キムトモのわかりました!」

youtu.be

キムトモに教えてもらいたいアマチュアゴルファー大募集!

画像: キムトモに教えてもらいたいアマチュアゴルファー大募集!

キムトモこと木村友栄プロに実際に教えてもらいたいアマチュアゴルファー大募集!例:アイアンでボールがつかまらない。ドローを打つにはどうしたらいいの?などなど…。
お名前 年齢 ハンディキャップ ゴルフのお悩みを明記の上、上記メールアドレスに送って下さい!※撮影は千葉県で行います。ご応募お待ちしていまーす!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.