中学入学祝いに買ってもらったトライホット3

今回は上田桃子選手のパターのお話です。ヨネックスレディスでは、ポラニ・チュティチャイ選手と優勝争いを演じた上田桃子。

画像: 中学入学祝いに買ってもらったトライホット3

上田桃子と18年連れ添うのがオデッセイのトライホット3。曰く「一番のお友達」だそうです。アイアンとパターにウェッジ、飛距離をコントロールするクラブは自分の感覚と合わせるのに時間を掛けているそう。

上田「私にとってのクラブは″手″。ただの道具ではないんです。スウィングする上で、手の意識を消すように打っているので、クラブは手の代わりになって欲しいんですよね。だからクラブのことをよく知らなければなりません」

画像: 付き合いは今年で18年

付き合いは今年で18年

距離やタッチを重視するクラブほど、選ぶのに時間がかかると話します。

この顔じゃないとダメ

画像: この顔が好き

この顔が好き

他のパターを使う気にならないというほど気に入っているこのパター。さすが18年以上も一緒にいるクラブ。上田選手と唯一無二の存在ですね。

キャロウェイのツアースタッフによれば、プロ入りした際に使っていたパターが交換せざるを得ない状態になった時、同モデルのヘッドをいくつも用意し、本人が納得いくまで選んだのだそうです。

ボールが変わっても変えたくない感触

画像: 感触は同じにしたい

感触は同じにしたい

ボールの進化により打感はいくらか変化するが、基本的な感触はこのインサートに勝るものはないととのこと。使用ボールは、自身のがイラストが目印。4ピース構造の「クロムツアー」で、飛距離とスピン性能、感触も気に入っているそう。

画像: 桃子の″桃尻″

桃子の″桃尻″

「持って構えると違和感がある」という状態が続き、グリップを変更するなどしたが解決しなかった。パターのロフトが、本来の4度から5度に変わっていた。原因は判明しないが、調整した結果、ヨネックスレディスでの好スコアに繋がった(LPGA引用)

今週のサントリーレディスではこのパターを武器に、今季初の優勝を期待したいですね!

写真/小林司

月刊GDで好評連載中のトッププロが自らのギアを語る「マイクラブマイギアを語ろう」。7月号では「藤田寛之プロ」がクラブへのこだわりを紹介しています!そちらも合わせてご覧ください!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.