ケンジロウです。全米オープンが行われる、オークモントCCよりお届けしています。

火曜日の練習日が終わりました。

今日は世界ランク「トップ3」のお話をしたいと思います。

画像1: 【全米オープンレポート】vol.2
スピースが5オーバー!?

まずはジェイソン・デイ。午前中に記者会見を終えて、午後からハーフを周りました。ショットは相変わらず調子がよさそうでしたねえ。

「先週の金曜日からコースに入って、練習してきました。ここ数年、全米オープンでは勝利に近い位置まで来ていますからね。2回2位になってますし。全米オープンはとってもストレスのたまる試合ですが、幸運にも今年はストレスによって強くなっている気がします」(ジェイソン・デイ)

画像: グリーン手前の花道からアプローチを繰り返すデイ

グリーン手前の花道からアプローチを繰り返すデイ

気をつけなければいけないホールはと聞かれて、

「二つのスタートホール、1番と10番は難しいですね。次に3番も難しい。9番はとっても難しい。そして15番、500㍎近いパー4ですが、ここも難しい」

と答えていたデイ。難しいホールだらけじゃないですか((+_+))

画像2: 【全米オープンレポート】vol.2
スピースが5オーバー!?

続けて、世界ランク2位のローリー・マキロイ。

昨日に引き続き仲の良いリッキー・ファウラーとのラウンド。冗談を言い合いながらリラックスしてラウンドしている姿は、余裕すらありました。

「試合を前にして明らかに興奮していますね。大会に向けての準備もすごくうまくいっていると思います。先週の月曜日と火曜日に練習ラウンドをして、昨日と今日再び回りました。このコースはゴルフの壮大なテストですよね。絶対にミスできないので、どのショットもプレッシャーがかかる。まずはティショットをフェアウェイに置くことが大前提だと思いますよ。フェアウェイから打っても、グリーンを外すことだってありますから」(マキロイ)

画像: 仲良しのファウラー、ジャスティン・トーマスとラウンド

仲良しのファウラー、ジャスティン・トーマスとラウンド

そして最後は、世界ランク3位のジョーダン・スピース。

画像3: 【全米オープンレポート】vol.2
スピースが5オーバー!?

やはり地元のファンに一番人気のあるスピース。スピースの周りにはいつも人だかりができています。スピースは練習日の今日は午後からハーフのラウンドでした。

「昨日18ホール回りましたが、コースは本当に最高のコンディションです。昨日は風が強かったので、だいたい5オーバーか6オーバーだったと思います。それが今日は風が穏やかになって、プレーしやすかったですね。このコースはパーをとれば上出来、でも狙っているところに打てさえすれば、いくつかのホールはバーディのチャンスもめぐってくると思います」

画像4: 【全米オープンレポート】vol.2
スピースが5オーバー!?

そういえば、前回ここで優勝したカブレラのスコアは5オーバーでしたよね。やはり、優勝のラインはそのぐらいになっちゃうのかな(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

世界ランク上位3選手、いったい誰が優勝争いに絡んでくるのか?

僕の見た目で言わせてもらえれば、この3人の中ではマキロイが明らかに調子がよさそうでしたね。
さあ、本戦が楽しみになってきた!

写真/姉﨑正

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.