今回はグリーンを狙ったショットがあえなくガードバンカーに。ショートアイアンで打つと目玉になりやすいですよね。しかもアゴの高いバンカーの斜面に突き刺さってしまいました。

近藤共弘プロに教えてもらいましたよ

フェースは開いてしっかり打つ

「この状況だと一見難しそうに見えますが、意外と簡単ですよ。立ち方に気をつけることがポイントですね」

「左足体重で斜面に逆らって立つのはNGです。斜面なりに右足に体重を乗せて、肩のラインも斜面に平行に合わせるように構えましょう」

「コックを使って上から打ち込むのは、他の目玉のショットと同じですが、斜面なりに構えているのでボールは斜面にそって飛び出していきますよ」

画像: フェースは開いてしっかり打つ

後方から見ると

後方から見ると、構えた通りのクラブ軌道で打っているのがわかりますね。「砂の抵抗があるので、大きなフィッシュは取れませんが、打ち込んで終わりにしてしまうと脱出できなくなりますよ」

近藤プロ、ありがとうございました! 開いてドーンですね。 やってみます!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.