記憶に新しい”ぶっ飛びスプーン”

2016年の前半から、松山英樹プロのバッグにはテーラーメイドの3W、ロケットボールズ・ステージ2(以下RBZ2)が入っています。2月のフェニックスオープンで米ツアー2勝目を挙げたときにも活躍したクラブです。

画像1: 記憶に新しい”ぶっ飛びスプーン”

RBZ2は2013年に発売されたモデルで、”ぶっ飛びスプーン”として一世を風靡したロケットボールズの後継機種です。松山プロは、過去にも中古クラブを試合で使ったこともある目利き。このモデルも、突然使い始めたことで話題になりました。

ソールをタテに走る溝、スピードポケットが目を引きます。これがたわむことで、飛距離を出しているようです。

画像2: 記憶に新しい”ぶっ飛びスプーン”

ディープフェースで、ティアップしたときにも使いやすさが光ります。このあたりも、男子プロに好まれる理由なのかもしれません。

画像3: 記憶に新しい”ぶっ飛びスプーン”

ウッド作りに定評のあるテーラーメイドらしい顔。とても構えやすくできています。クラウンの模様は”ステージ2”になって入れられました。初代のRBZはほぼ真っ白いクラウンでした。

画像4: 記憶に新しい”ぶっ飛びスプーン”

そしてシャフト。松山プロは、ツアーADのDI-9(TX)というツアースペックを差しています。普通の人には重すぎ硬すぎ・・・のシャフトですが、自分に合ったシャフトを差すことで、私たちにも十二分に武器になる可能性を秘めたヘッドですね。

写真/姉崎正、有原裕晶

GDOでRBZ2の価格を見る

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.