今回の「全力試打ギア王!」はテーラーメイドのユーテリティ「M1レスキュー」「M2レスキュー」の2本を打ち比べてみたぞ!早速見てみよう

今回試打したスペックは

M1レスキュー 4番  ロフト21度 シャフト  純正TM5-116 Sフレックス

M2レスキュー 4番 ロフト22度  シャフト 純正TM5-216 Sフレックス

この2モデルは、同じMシリーズじゃが、それぞれ個性が違うんじゃ。打ち比べてその違いをあぶりだしてみようと思う。

操作性で選ぶならM1がおすすめじゃ

画像: 操作性で選ぶならM1がおすすめじゃ

まず構えて感じたのが、「シャープ」なことじゃ。上級者好みの顔といえるな。ラフからの抜けもよさそうじゃ。

フェードやドローなど球を操作してコースを攻めたいゴルファーにこのクラブなら"打ち分け"がしっかりできそうじゃ。

小ぶりではあるが、フェース面を見ると厚みがあるな。それだけ縦方向の打点の許容範囲が大きいといえるな。

実際に打ってみると、”喰いつくような”打感でボールを押していける。ユーテリティではあるが、ボールとのコンタクト時間が長く、アイアンに近い感覚で打つことができるな。

ソールのラウンドが地面から打つときにライの影響を最小限にしてくれる。ちゃんと工夫されていてさすがじゃな。

重心もそこまで深くしていないようじゃ。それだけに上から打ち込んでスピンのかかった弾道でピンを攻めたり、掃うように打ってスピンをコントロールしたりと操作性が良さそうじゃ。

このクラブは、顔といい、打感といいくアイアンに近いフィーリング。操作性を重視する人にはおすすめじゃ。

"オートマチック"に打つならM2がおすすめじゃ

画像1: "オートマチック"に打つならM2がおすすめじゃ

まずは顔じゃが、さっきのM1に比べるとヘッドが大きく見える。それだけ安心感があるな。後ろが長くて、少し出っ歯なところがFW系の顔つきで、いかにも球を上げやすそうじゃ。

上から打ち込むというよりは、むしろ"払い打つ"イメージが沸きやすい見た目じゃな。

フェースはシャローじゃな。いかにもフェース面がボールの下に滑り込んでくれる印象で、ボールが楽に上がりそうな感じを与えてくれる。

打感は、金属ではあるんじゃが独特な感じじゃ。好みで分かれるかもしれんが"弾き感"はすごく感じたな。インパクトした瞬間に球が上へあがるような感じで、初速の速さを感じたわい。

画像2: "オートマチック"に打つならM2がおすすめじゃ

ネック周りの重量をそぎ落とし、その分をソールに配置したというだけあって、球の上げやすさは抜群じゃ。低スピンかつ高弾道で球が飛んでいってくれるわい。

さっきのM1は操作性に優れた印象じゃったが、このM2は"オートマチック”に打てるクラブじゃ。操作性よりも「やさしさ」を求めるゴルファーには、このM2レスキューがおすすめじゃ。

<次回もお楽しみに~>

画像: shop.golfdigest.co.jp
shop.golfdigest.co.jp
画像: 全力試打!ギア王 テーラーメイド「M1レスキュー」「M2レスキュー」 www.youtube.com

全力試打!ギア王 テーラーメイド「M1レスキュー」「M2レスキュー」

www.youtube.com
画像: www.youtube.com
www.youtube.com
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.