今回のアプローチは上げるアプローチです。アダムはシンプルに打つことを心がけています。特別な技術は必要ありませんが、いくつか抑えておきたいポイントを教えてもらいました。

アダムのスタイルは、球を上げるときでも小細工は一切なし。クラブに仕事をさせる「クラブの性能を信じて余計なことしない」と言います。

シンプルにフェースを開く

ポイントはシンプルにフェースを開くこと。「フェースを開いて構えれば球を上げる準備完了。あとは肩のローテーションで打つだけ」

球を上げようとすると、インパクトで上げようとする動きが入りがち。フェースを開いて構えたら、肩の回転を意識しましょう。

左手のグリップはウィークグリップ

フェースをオープンに使うため「左手のグリップを少しウィークに握る意識を持つと良い」とアダム。左手甲をターゲットに向けスウィング中も手首の角度を変えずに振る。

画像: 左手のグリップはウィークグリップ

上から見て左手の甲が見える「フックグリップ」で握ると手首が返るとフェースも返ってロフトが立ってしまいます。左手の甲が見えないように握る「ウィークグリップ」で握ると、それ以上手首は返りにくくなりますのでフェースはアドレスでセットした開いたままボールをとらえやすくなります。

手打ちではなく体の回転で打つ

手打ちは禁物。あくまでも体の回転に合わせて腕を振る。「手で打とうとせずフィニッシュでちゃん体がターゲットに正対するまで下半身を使うイメージを持てばショットが安定します」とアダム。

球を上げるときもアダムは「クラブの性能を信じ余計なことをしない」を身上にしています。フェースを開いて構えるのが1つ目のポイントですが、開くとバウンスが効いてくるので手前からヘッドを滑らせて球を拾うことが可能になります。

フェースを開くとき気をつけたいのは、クラブを握ってからフェースを開くと実際に打つときに元の状態に戻ってしまうので、フェースをしっかり開いてからグリップを握るという手順を踏むこと。その上でアダムがいうように左手をウィークに握れば、スウィングを通してフェースを返さずに打つことができます。

インパクトでフェースが閉じにくいのでロフトどおりに球が上がってくれるのです。アドレスの時点で球を上げる準備をしておいて、あとはクラブの性能を信じて肩のストロークで打つ。余計なことをしないアダムスタイルはクラブのロフトとバウンスを最大限に生かす打ち方といって良いでしょう。

フェースを開いてからウィークグリップで構える。肩の回転を意識してフィニッシュまで大きく振りぬく。少し勇気が必要なアプローチですね。クラブの性能やロフトを信じて練習してみましょう。

カメラ/姉崎正

This article is a sponsored article by
''.