ケンジロウです。ライザップKBCオーガスタが開催されている芥屋ゴルフ倶楽部よりお届けします。みんなのゴルフダイジェストでは、今秋の目玉ドライバー・「タイトリスト917」の動向をチェックしていますが、すでに917ドライバーを実戦投入している松村道央プロは、これまで「D2」⇒「D3」⇒「D2」と、目まぐるしくモデルを替えていました。

画像: 右がシャローフェースの「917D2」、左がゲンコツ型の「917D3」

右がシャローフェースの「917D2」、左がゲンコツ型の「917D3」

そんな松村プロを再び直撃すると…あれ? また「D3」に変わっている? 本人曰く「今回こそ、ドンピシャ、D3がはまりました!」とのこと。いったいどういう変化があったのでしょうか。

「実は、最初に917D3を使った時に、ちょっとボールが右に滑って距離も若干ロスする傾向があったんです。それもあって、D3よりつかまりの良いD2に戻したんですが、タイトリストのレップが、フェースに残ったティの跡が曲がっていることに気づいたんです」

画像: D3ではやや右に滑る球で飛距離をロスしていた

D3ではやや右に滑る球で飛距離をロスしていた

D3を打った時にフェース面につくティの跡から、インパクトの時に“トウダウン”(ヘッドのトウ側が下がって当たる現象)が強く起きていることを突き止めたタイトリストのレップ。このトウダウンさえ収まれば、毎回真っ芯で打つことができると考えたんですね。

「シャフトはもちろん、ネック調整も完ぺきに僕用にセッティングされていた。そこで最終調整として、ウェート調整がチカラを発揮してくれました」(松村プロ)

トウダウンするということは、トウ側に重さが寄りすぎている。であれば、「SURE FIT CG」を駆使して、ウェートをヒール側に寄せることによって、トウダウンを解消できる…。実際に松村プロが試してみると、この仮説がピタリ的中!

画像: 重いサイドをヒール寄りにセットすることで、トウダウンが緩和された

重いサイドをヒール寄りにセットすることで、トウダウンが緩和された

「これまで、微妙に芯から外れていたものが、ジャストで芯を喰うんです。当然打球もストレートの強い弾道になって、さらにひと伸びするようになりました。ボールの当たり方に気づいてくれたレップに感謝です」(松村プロ)

画像: 今は「D3」がドンピシャはまっています(松村プロ)

今は「D3」がドンピシャはまっています(松村プロ)

これまでは、シャフト選びとネック調整までだったドライバーフィッティングが、さらに最終のウェート調整によって、さらに自分にフィットした1本に仕上げられると松村プロもご満悦の様子。自分の理想に最大限に近づけられる「917」ドライバー、恐るべしですね~(^-^;

写真/有原裕晶

This article is a sponsored article by
''.