プレーファストと言っても何も走って移動することを強要しているわけではありません、ちょっとしたことで時間を短縮したり後ろの組を気にせずにプレーできるコツがありますよ。

素振りの回数が多かったり、アドレスで固まってしまうのもスロープレーの原因になりますが、グリーン周りでのクラブを置く位置に気をつけてみましょう。

セルフプレーの場合は2打目以降は数本のクラブを持ってプレーしますよね。グリーン周りではウェッジとパターといった2、3本はクラブを持っているはずです。

グリーンにオンさせたらそのクラブはどこに置いていますか?

次のホールに向かう出口方向に置いておくとスムーズに移動できます。

画像: グリーンにオンさせたらそのクラブはどこに置いていますか?

グリーンにオンさせた時に、次のホールへ向かう方向を確認しておきます。クラブを持っていたら出口に近い方に置いてからパットをしましょう。ピンから遠くに乗ってしまい一番先に打たなければならない時は、まず長いパットを打ったらマークをしますよね。その後にクラブを出口方向に置き直すのも一つのコツですね。

ホールアウトしたら、クラブを拾って真っすぐ出口に向かうとスムーズですね。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.