歩くのが速いとスコアが上を向くんです!

ゴルフとは歩く競技でもありますが、プロゴルファーには歩くのが速いプロが多いとのこと。女子プロの実に88%が“速い派”だという。

「ドライバーを打ったあと、自分のボールまで2分30秒で着きました」という松森プロは自他ともに認める“歩くのが速い女”。「特にミスしたあとはトボトボ歩かないようにしています」

実際に月刊ゴルフダイジェスト編集部員のN野が勝負を挑んだところ、圧倒的な差をつけられて負けてしまった…。では、どうしてプロたちは歩くのが速いのか、他のプロたちにも聞いてみた。

どうして速いんですか?

画像: 福田真未プロ

福田真未プロ

私はあまり飛ばないので、他のひとに迷惑にならないよう早くボールに着きたいからです!

なるほど、他の人を思ってのことなんですね。斉藤愛璃プロはどうでしょうか?

画像: 斉藤愛璃プロ

斉藤愛璃プロ

トボトボ歩いていると気分が落ち込んでしまってスコアに影響するからです

まさに“上を向いて歩こう”的な感じですかね!サッサっと歩いて気分が落ち込む暇を自分に与えないんですね!香妻プロはどうでしょう?

画像1: どうして速いんですか?

あんまり自覚はなかったけど、確かに言われてみれば友達と一緒に歩いていると、みんなが遅くてイライラしちゃったことはあります(笑)

香妻プロは天然の速歩きさんなんですね。実際に速歩きってどうなんでしょうか?オリンピック選手も指導する白木仁先生にお話しを聞いてみました。

画像2: どうして速いんですか?

速歩きのメリットは体幹も鍛えられること。大股歩きで歩くため、太ももを中心とした下半身が鍛えられるのはもちろん、腹筋や背筋など、飛ばしに必要な体幹も鍛えられます

速歩きするだけで体幹も鍛えられるなんて…。皆さんも次のゴルフはぜひ「速歩き」でプレーしてみてくださいね!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.