ツアーで磨かれた【スリクソンZ765】

中・上級者の人気を獲得した「Z745」の進化版。松山秀樹をはじめ、日米ツアーで活躍する選手の組み合わせ、フィードバックにより、実戦力がアップした。#3~6にはタングステンニッケルを組み合わせ、球の上がりやすさを高めるなど、細やかな配慮も怠らない設計だ。

画像1: ツアーで磨かれた【スリクソンZ765】

中でも、スリクソン独自の“V字型”ソールは、抜けの良さを極限まで高め、あらゆるライに対応する、まさにツアーで磨かれた形状だ。

画像2: ツアーで磨かれた【スリクソンZ765】

「インパクトでも設置面積が非常に小さいので、ボールスピードが安定してコントロール性能も抜群。顔の感じも一段とすっきりして構えやすくなりました。トータルとしての完成度が非常に高いアイアンです」(谷口拓也プロ)

画像: こんなに抜けるソール初めてです!

こんなに抜けるソール初めてです!

「抜けがいいのでダウンブローに打ちにいかず、横から入れていく感じの方が相性がいいですね」

Z765 試打インプレッション

画像: こんなに抜けるソールは初めてです!(谷口プロ)

こんなに抜けるソールは初めてです!(谷口プロ)

全体的に高水準でバランスがいい。顔・打感・ソールの抜けといい、ツアープロのこだわりがつまったアイアンに仕上がっている。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.