ラウンド後の「腹減った」に最適です!

ラウンドが終わり、まだ夕飯には早い。そんな小腹が空いたときは「カップ麺」ですよね!

日清食品が、カップヌードル発売45周年を記念して9月12日から発売したのが「カップヌードルビッグ″謎肉祭″肉盛りペッパーしょうゆ」。

ゴルフ場G麺もこの「謎肉祭」に参加してみました!

謎肉とは・・・カップヌードルに発売当初から入っている、豚肉や野菜を練り合わせて固めたサイコロ状のミンチ肉「ダイスミンチ」の愛称。

何の肉かわからないことからネットで「謎肉」と呼ばれている具材を、普通のカップヌードルビッグの10倍入れた商品なんだそうです。一時販売を休止するほどの人気ぶり。

ゴルフ場のオススメラーメンをご紹介している「ゴルフ場G麺」は、そんなに人気ならばと早速調べましたよ!

「カップヌードルビッグ」と「謎肉祭」の肉の量を比較

画像1: 「カップヌードルビッグ」と「謎肉祭」の肉の量を比較

″謎肉祭″は、普通の″カップヌードルビッグ″より肉の量が10倍増量したとのこと。本当なのかを検証するために、一緒に食べてみることにしました。

画像2: 「カップヌードルビッグ」と「謎肉祭」の肉の量を比較

″謎肉祭″は、開けた瞬間からコショウのスパイシーな香りが漂います。茶色いサイコロ状のものが″謎肉″と呼ばれる肉です。エビや卵といった、通常の具材が入っていません。肉とネギだけ。見た目は全然違いますね。肉の量は期待できそう!

画像3: 「カップヌードルビッグ」と「謎肉祭」の肉の量を比較

一つ一つ数えていきます。肉はゴロゴロしていて大きく、つかみやすい。

画像4: 「カップヌードルビッグ」と「謎肉祭」の肉の量を比較

編集部が数えた結果がコチラ!

43対16!

普通のビッグに16個比べて、謎肉祭は43個と確かに多い!なるほどー( ..)φメモメモ 小さいのもありますけど、果たしてこれは肉なのだろうか・・・?

お湯を入れて3分後・・・ふたを開けてみると・・・

画像5: 「カップヌードルビッグ」と「謎肉祭」の肉の量を比較

普通のビッグに比べて、さすが″謎肉″10倍。見た目はぎっしり詰まっています。ただ、エビとタマゴが入っていない分、茶色しかないのでちょっと味気ない印象です。

肝心の味は・・・?

画像: 肝心の味は・・・?

謎肉にはしっかり味がついています。普通のビッグの肉よりも食感が楽しめました。スープはコショウを効かせたしょう油味でピリッしていいアクセントになっています。肉の味が染み出ていました。

売れすぎて販売が一時休止ということですが、販売が開始されたらぜひ食べてもらいたいカップ麺でした!

ちなみに、肉が10倍というのは、数ではなく容量なのかな?と思いました。っていうか普通の方のカップヌードルの肉だと思って出したモノが実はホタテっぽかったです。

日清食品が協賛!「日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯」

日清食品が協賛しているメジャー大会が「日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯」。今年7月に北海道クラシックゴルフクラブで開催されました。

このときの優勝者は谷原秀人。

画像: プレーオフを1ホール目で制した谷原が優勝した

プレーオフを1ホール目で制した谷原が優勝した

3打差を追って2位から出た谷原秀人が、首位スタートの武藤俊憲と通算22アンダーで並びプレーオフに突入。谷原が1ホール目で競り勝ち、自身初の日本タイトルを獲得しました。

小腹が空いたときや、肉をガッツリ食べたいときなどにピッタリ。販売が一時休止とのことなので、販売が開始が待ち遠しいですね!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.