プロのアプローチって、ワンバウンドでギュッとブレーキが効いて、ピンのそばにピタリと止まってカッコいい。ボクらが打つとクリーンにとらえたように思ってもあんなふうにはいかないけど、この差ってなんだろう?「一番の差は、フェースにボールが乗っているかどうかですね」と話すのは、小技の名手、河野晃一郎プロ。

フェースを閉じながらボールを押し込んでいく

「インパクトでボールとフェース面の接触時間が長く、しっかり押し込めている状態を『フェースに球が乗っている』と言いますね。感覚的には、フェースの溝にボールが食いついて、それでスピンをかける感じです」(河野、以下同)

「それには、フェースローテーションが不可欠。フェースが開いて入ってきたものが、閉じながら球をとらえていくことで、球が押せるんです。まずはローテーションの感覚と、それができるグリップを覚えてください」

画像: フェースローテーションとグリップの握り方が大事

フェースローテーションとグリップの握り方が大事

クラブを“下から”持って右手で押し込もう

右手の動きは、中指、薬指の2本だけでクラブを支えてスウィングするとわかりやすい。フォローにかけてはそのまま右手のひらでフェースを目標方向に押し込むことでフェースにボールが乗り、スピンをかけられる。

画像: ダウンからインパクトにかけては、右手のひらの中指と薬指のつけ根部分でクラブを押し上げるように下ろす

ダウンからインパクトにかけては、右手のひらの中指と薬指のつけ根部分でクラブを押し上げるように下ろす

フェースに球を乗せるにはローテーションが不可欠

インパクトでは、クラブヘッドのヒール側から接地し、トウを立てるように抜いていく。トウが立たないとフェースは開いたままでボールは乗らずに滑ってしまう。

画像: インパクト後、左手を支点に右手でクラブヘッドを持ち上げるように動かすことでフェースは自然と返る

インパクト後、左手を支点に右手でクラブヘッドを持ち上げるように動かすことでフェースは自然と返る

アプローチで大事なのはグリップの握り方。右手で下からクラブを支えて、右手の感覚が大事になってくるのだ。河野プロのレッスンを参考にして、ベタピンの握り方を覚えよう!

(月刊ゴルフダイジェスト2014年12月号より抜粋)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.