皆さんも経験ありませんか? グリーン周りからアプローチしたら、打った後にもう一度ボールがクラブに当たってしまう”二度打ち”。こういう時ってどうするんだっけ?

ウェッジでの”二度打ち”。どんな状況で起きる現象かというと、アプローチで少しダフった時などに、クラブヘッドのスピードとボールの飛ぶスピードが同じ速度になって起こります。すなわち、ミスした結果、ミスが重なるという二重に辛いミス。しかもけっこう恥ずかしい。辛いです。

それでは、ここで問題です。

打った後にもう一度、クラブにボールが当たる”2度打ち”をした場合

正しいと思われるA~Cの□にチェック

  • A 1打罰が課されて、元の位置から打ち直し
  • B 1打罰が課されて、止まった位置からプレー続行
  • C 無罰だが、クラブに当たった回数を打数に加算する
  • A 1打罰が課されて、元の位置から打ち直し
    15
    694
  • B 1打罰が課されて、止まった位置からプレー続行
    57
    2699
  • C 無罰だが、クラブに当たった回数を打数に加算する
    28
    1311

規則14-2では「プレーヤーのクラブが1ストローク中に2回以上球に当たった場合、プレーヤーはそのストロークをカウントし、それに1打の罰を加えて合計2ストロークとしなければならない」とあります。ボールを打とうとしたストロークに1打罰を加えますので、正解は”B”となります。仮にフェースで2度バウンドしたとしても、罰は1打のみです。ボールが止まった場所から1打罰を加算してプレー続行となります。

2度打ちを防ぐにはコチラの30秒レッスンをどうぞ!

画像: キムトモ30秒レッスン youtu.be

キムトモ30秒レッスン

youtu.be

This article is a sponsored article by
''.