TOTOジャパンクラシック2016でも活躍したタイの超新星、アリヤ・ジュタヌガーン。実はTOTOには彼女のお姉さんも出場していました。こちらもトップ選手のモリヤ・ジュタヌガーンに注目してみました! 

こんにちは! バンキシャM子です('◇')ゞ 世界のトッププレーヤーたちが集まったTOTOジャパンクラシック2016はフォン・シャンシャンの勝利で幕を閉じましたが、その中でひときわ目立っている姉妹ががジュタヌガーン姉妹。

妹のアリヤは世界ランク1位のリディア・コを抜いて現在(2016年11月10日現在)LPGAの賞金ランクトップ。姉のモリヤも同38位と世界のトップ選手に名を連ねています。そんなモリヤの練習に注目してみました!

画像: 黒髪ストレートの美女プロ・モリヤ

黒髪ストレートの美女プロ・モリヤ

まずはウェッジから……あれ、どこ向いてるの?

いきなり練習場の左側に向かって打ち始めるモリヤ。これって一体どういうことなのかと思いきや、ちょっと前にキャディさんが何やら作業を……。

画像: 10ヤードごとに目標を置いて歩いていました

10ヤードごとに目標を置いて歩いていました

飛距離計でモリヤとの位置を測りながら目標となる小さなコーンを練習場の左端に置いていました。それをピンポイントで狙ってウェッジから打ち始めたんですね。だから左を向いていたようです。

画像: まずは距離感を合わせる練習からだったんですね

まずは距離感を合わせる練習からだったんですね

キャディさんが置いた目標を黙々と打ち分けるモリヤ。まずは朝イチで自分の“距離感”を合わせる練習から行っていたということです。朝イチの練習としてはなかなか珍しいですね。

世界のトッププロの練習方法には色々ありますね。距離計をお持ちの方は、目標を置きにいかなくとも自分でいい目標を見つけてそれに向かって距離感を合わせる練習をするのもいいかもしれません! 世界の技、ぜひマネしてみてくださいね。

【関連記事】

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.