安倍晋三首相が、トランプ米次期大統領と初会談した際に安倍首相がトランプ氏にドライバーをプレゼントしたという“ゴルフ外交”が話題。報道では“国産の50万円のドライバー”だというそのクラブ、いったいどこの⁉︎

国産の50万円のドライバーって一体……

こんにちは! バンキシャM子です('◇')ゞ安倍晋三首相がドナルド・トランプ氏の自宅があるニューヨークのトランプ・タワーを訪ね、1時間半ほど話し合ったというニュース。首相が就任前の次期大統領と会うのは異例で、トランプ氏が大統領選の勝利後に外国首脳と会談するのは初めてということで注目が集まっていますね。

そんな中、もうひとつ注目されていることがあるのをご存知ですか? 安倍総理がトランプ氏に“国産の50万円のドライバー”をお土産として贈った、という報道がされているのです。50万円のドライバー⁉︎ それってどこの、なんていうモデルなの? と気になって仕方ありません。

そこで早速調査開始。国産で50万円のドライバーを出しているところというと、いくらか絞られてきますが、ひとます広報にしらみつぶしにあたるしかない、ということで、各社にあたりまくったところ、ついに見つけました。本間ゴルフです。

モデルは本間ゴルフの“べレスS‐05”だそうです。フルオーダーで、シャフトグレードは最高グレードの「5S」。こちらはホームページには載っていないみたいです。フルオーダーで特注したらしく、それで50万円もしたんですね! 納得です。

画像: BERES S-05 ドライバー機能説明 www.youtube.com

BERES S-05 ドライバー機能説明

www.youtube.com

「ゴルフクラブ贈呈」と報道されたら、ゴルファーとしては何のクラブかが気になりますよね。あー、すっきりした! トランプ氏が本間ゴルフのクラブを使ってラウンドする日も近いかもしれませんね。

【関連記事】

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.