僕らアマチュアゴルファーが苦手とするライといえば「左足下がり」。球が上がりにくく、無理に上げようとするとダフってしまいがち。一体どうしたら上手く打てるようになるのだろう。ショートゲームの専門家である石井忍プロに聞いた!

ひざのラインをスクェアにして立とう

左足下がりとは「ボールが低い位置にある」状況のこと。そこから上手く打つには「スウィングの最下点をボールの先に持ってきて、ボールの下までヘッドを届かせることが重要です」と石井忍プロ。

「軌道はアウトサイドイン。左足体重をキープし、フォローでは右ひざを送ってヘッドを低く出すのがコツです」(石井)

画像: フォローで右ひざを送り込む

フォローで右ひざを送り込む

左足下がりは、低い位置にボールがあるライ。逆に言えば、ボールの手前側が高いライということ。だからこそダフリやすいわけだ。そのため、テークバックではコックを使ってアウトサイドにクラブを上げ、左足体重をキープしたまま高い位置からアウトサイドイン軌道でヘッドを入れる。

画像: ボールの手前側が高いライなので、コックを使ってヘッドを高い位置から入れ、アウトサイドインで振ることでダフリを防ぐ

ボールの手前側が高いライなので、コックを使ってヘッドを高い位置から入れ、アウトサイドインで振ることでダフリを防ぐ

「高い位置からヘッドをドスン!」というイメージ。そうすることにより、ダフリやトップといったミスを防げるのだ。

(石井忍著書『考えないアプローチ』より抜粋)

This article is a sponsored article by
''.