冬のティグラウンドは凍っていてティが刺さりにくい。専用の器具で穴をあけることもできるけど、いざ穴をあけてもどこにあけたかわからなくなったり、穴が大きすぎてティが倒れてしまったり……とイライラしてはミスの元。そこでオススメしたいのが、意外や意外「水道ホース」だ。

水道のホースを短く切ってティとして使う

冬のティグラウンドは凍っていてティが刺さりにくい。巨大な針状の器具で穴をあけることもできるけど、いざ穴をあけてもどこにあけたかわからなかったり、穴が大きすぎてティが倒れてしまったり……イライラしてはミスの元。そこでオススメしたいのが「水道ホース」だ。

用意するのはごく普通の水道ホース。あとハサミ。つまり、ホースをハサミで切るだけで、置くだけでティアップできる魔法のティのできあがり! ティアップの高さを調整するにはホースを切る幅を変えるだけなので、お好みの高さのティを作るのも簡単だ。

画像: ホースを切るときは、できるだけ真っすぐに切るのがポイント

ホースを切るときは、できるだけ真っすぐに切るのがポイント

下の写真は、左から10ミリ、7ミリ、4ミリに切ったホース。少し切る長さを変えて複数作っておけば、ショートアイアンからユーティリティやウッドまで対応できる。ポイントはできるだけ真っすぐに切ること。

画像: 左から10ミリ、7ミリ、4ミリと3種類作れば様々なクラブに対応できる

左から10ミリ、7ミリ、4ミリと3種類作れば様々なクラブに対応できる

これなら、置くだけで好きな高さにティアップできる。しかも簡単に作成できるし、低コストだからお財布にもやさしい。本コースのパー3はもとより、ショートコースの人工マットの上でも役に立つ。ぜひお試しを!

This article is a sponsored article by
''.