毎年恒例の「ゴルフダイジェストアワード」が今年も開催される。その年のゴルフ界に貢献したレッスンプロ、ギア、そして作品、人物をゴルフダイジェスト読者の投票により選出する一大イベントだ。今回は【レッスン・オブ・ザ・イヤー】部門にノミネートされた5人のプロを紹介しよう。

谷原秀人も惚れ込んだ飛ばしのメソッド 安楽拓也プロ

1人目は、2009年にドラコンチャンピオンにも輝いた「飛ばしのスペシャリスト」安楽拓也プロ。谷原秀人も絶賛する即効性の高い飛距離アップレッスンが好評を博す。週刊ゴルフダイジェストで「安楽拓也の飛ばしメソッド」を連載中だ。

画像: 安楽拓也プロの飛距離アップレッスンは即効性が高くて読者からも好評

安楽拓也プロの飛距離アップレッスンは即効性が高くて読者からも好評

ショートゲーム専門の分かりやすいレッスン 石井忍プロ

続いて2人目は、ショートゲーム専門のプロコーチとして活躍する、石井忍プロ。独創的なアイデアと分かりやすい指導方法で、多数のアマチュア、プロから絶大な支持を受けている。週刊ゴルフダイジェストで「考えないショートゲーム」を連載中だ。

画像: 石井忍プロは独創的なアイデアにより、ショートゲームをわかりやすくレッスンしてくれる

石井忍プロは独創的なアイデアにより、ショートゲームをわかりやすくレッスンしてくれる

既成概念を捨てた理論を確立 桜美ゴルフ(篠塚武久さん)

3人目は、グリップは10フィンガー、腕や腰はねじらない、など既成概念にとらわれないゴルフ理論「桜美式」を提唱する「桜美ゴルフ(代表/篠塚武久さん)」。昨年の「ネスレマッチプレーレクサス杯」を制した時松隆光もここでゴルフを学んだ。

画像: 篠塚武久さん(写真左)が代表を務める桜美ゴルフで時松隆光(写真右)はゴルフを学んだ

篠塚武久さん(写真左)が代表を務める桜美ゴルフで時松隆光(写真右)はゴルフを学んだ

みんなのゴルフダイジェストでお馴染み 木村友栄プロ

4人目は、当サイト企画「上達本舗」で自身がホストを務め、動画レッスンを連載中の木村友栄プロ。テーマごとに、役立つヒントやドリルを紹介している。新レッスン動画「キムトモのドライバーが真っすぐ飛べば、ゴルフはカンタン!」も簡潔さと分かりやすさで好評だ。

画像: 簡潔で分かりやすいレッスンが好評のキムトモ、こと木村友栄

簡潔で分かりやすいレッスンが好評のキムトモ、こと木村友栄

パットの不思議や転がりの仕組みを解析する 星谷孝幸さん

最後5人目は、パットのメカニズムを分析し、科学的なレッスンを行うパット研究家・星谷孝幸さん。自身が連載する月刊ゴルフダイジェスト「振り子の教室」は大反響を呼んだ。パットに悩む多くのアマチュアゴルファーたちから支持を集めている。

画像: パットの不思議を次々と解明するパット研究家・星谷孝幸さん

パットの不思議を次々と解明するパット研究家・星谷孝幸さん

以上5人が「ゴルフダイジェストアワード2017」の【レッスン・オブ・ザ・イヤー】部門にノミネート。皆さんは誰のレッスンがもっとも印象に残っているだろうか。他にも、「ゴルフダイジェストアワード」には3つの部門がある。

【クラブ・オブ・ザ・イヤー】

現在市場に売られているドライバー、アイアン、またはドライバー、アイアン以外のクラブ(フェアウェイウッドなど)、その年優れていたと思われるクラブそれぞれに贈られる賞。

【読者大賞】

多くのゴルファーに感銘を与え、かつ支持された雑誌企画、単行本、DVDなどの作品や、ゴルフの発展に貢献した人物に贈られる賞。

【ジュニア大賞】

小学校から高校生までの男女を対象に、昨年までの戦績、学業、ジュニアゴルファーとしての品格、将来性などを基準に選出される賞。

応募方法

「ゴルフダイジェストアワード 2017」の応募方法は以下の通りだ。

1. レッスン・オブ・ザ・イヤーにノミネートされた5名の中から、素晴らしいレッスンをしたと思う1名の名前

2. クラブ・オブ・ザ・イヤーの3部門にふさわしいと思うクラブ名

3. 読者大賞にふさわしいと思う作品名、作者名、または人物名(ジュニア部門は不要)

4. あなたの氏名、年齢、住所、電話番号、職業、ゴルフ歴、ハンディ

以上を記入して、ハガキ(〒105-8670 ゴルフダイジェスト社「2017アワード係」)またはeメール(2017award@golf-digest.co.jp)で応募できる。締切は、ハガキは2017年2月28日消印有効、eメールは同日受信分まで。応募者には抽選で、ベストドライバー、ベストアイアン、ロゴ入りボールなどがプレゼントされる。

この1年間、あなたのゴルフ上達に役立ったのは、誰のレッスンだろうか? またどのクラブ、どの作品、どのゴルファーが影響を与えただろうか? ぜひ応募してほしい。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.