キムトモこと木村友栄プロのレッスン動画「ドライバーが真っすぐ飛べば、ゴルフはカンタン!」。今回は「飛ばしたいなら、ベタ足で打とう」がテーマです。ベタ足で振ると曲がらないとはよく聞くけど、本当に飛ばせるの?

「ベタ足スウィング」で、軌道を安定させよう

画像: ②ドライバーレッスン「飛ばしたいならベタ足で打とう!」木村友栄の『ドライバーが真っすぐ飛べばゴルフはカンタン!』 youtu.be

②ドライバーレッスン「飛ばしたいならベタ足で打とう!」木村友栄の『ドライバーが真っすぐ飛べばゴルフはカンタン!』

youtu.be

イ・ボミや申ジエなど、韓国選手に多い「ベタ足」スウィング。これを是非アマチュアゴルファーにも真似してもらいたいとキムトモこと木村友栄(ともはる)プロは言う。

「アマチュアゴルファーの方の多くは、ダウンスウィングの早い段階で右足かかとが浮いてしまい、そのせいでスウィング軌道が乱れ、クラブヘッドが下から入ったり、外から入ったりしてしまいます。インパクトまで右足かかとを地面につけて打つ“ベタ足スウィング”の第一のメリットは、スウィング軌道が安定すること。また、ベタ足で振ってもその分手打ちになっては意味がありません。右ベタ足は浮かないように我慢しつつ、右のお尻はターゲット方向にしっかり押し込む。その意識があると、方向性も、飛距離も、両方良くなると思います」(キムトモ)

カンタンにできてメリットいっぱいの「ベタ足スウィング」。詳しいやり方は動画をチェックしよう!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.