キムトモこと木村友栄プロのレッスン動画「ドライバーが真っすぐ飛べば、ゴルフはカンタン!」。今回は「飛ばしたいなら、右手をどんどん使おう」がテーマです。右手を積極的に使うのがいいって意外だけど、どうやるの?

「右手」を効率よく使えば球筋が安定するぞ

「右手を効率良く使えば飛距離アップにつながる」と木村友栄(ともはる)プロは言う。だがどうすれば右手を効率良く使うことができるのか? それを身につけるためのドリルを教えてもらった。

画像: ③ドライバーレッスン「飛ばしたいなら右手をどんどん使おう!」木村友栄の『ドライバーが真っすぐ飛べばゴルフはカンタン!』 youtu.be

③ドライバーレッスン「飛ばしたいなら右手をどんどん使おう!」木村友栄の『ドライバーが真っすぐ飛べばゴルフはカンタン!』

youtu.be

ドリル1:片手でヘッドの先を速く振る

「右手でクラブを持って、ヘッドの先を速く振るドリルです。クラブを短く持ち、インパクトでグリップエンドがへそを向くようにします。右手のほどきが速いとグリップエンドが外を向いてしまいます。右手がほどけるとボールに上手く力が伝わらず、軌道がバラバラになりやすいので注意しましょう」(木村、以下同)

画像: ドリル1:片手でヘッドの先を速く振る

ドリル2:クラブを逆さまに持ちフォローで音を鳴らす

「悪いスウィングをしてしまうと、ボールの手前でビュンっと音が鳴ります。それはクラブが外から入っていたり、右手の角度がほどけている証拠。フォローでビュンっと音が鳴るように意識して素振りをしてください。それが、結果的には右手を効率良く使えていることになりますから」

画像: ドリル2:クラブを逆さまに持ちフォローで音を鳴らす

このドリルをやれば、飛ぶだけでなく球筋も安定してくる。詳しいやり方は動画をチェックしよう!

 

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.