ピンを抜くのはグリーンにオンしてから。アプローチショットはグリーンに寄せるショットなので、通常ピンは抜かない……が、ピンを抜く選択もアリって、知ってた?

ピンを刺したままアプローチすると、オーバーしやすい

アマチュアの場合、ピンを刺したままアプローチすると、「ピンまで打とう」と意識して、結果ピン周辺にキャリーしてそのまま転がってオーバーするケースが多い。ところがピンが抜いてあると、ピン手前から転がして寄せるイメージが湧いてきやすい。

「ピンまで届かせる」

つまり、キャリーで寄せたい場合はピンそのまま。手前から転がし寄せたい場合はピンを抜くといったように使い分けするのが理想ということ。

手前から転がし寄せれば必然的にチップインの可能性もアップする。「アプローチはピンそのまま」と思い込まずに、ちょっと恥ずかしくて少し勇気は必要だが、「ピン抜いちゃってください」と同伴者やキャディさんにお願いして、果敢にチップインを狙っちゃおう!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.