レギュラー時代は未勝利、しかしシニアでブレイクした崎山武志プロ。2016年はプラヤド・マークセンに次ぐ賞金ランク2位にもなった。大活躍の秘訣に「ゆるく握って、クラブを振るようにしたら飛距離が伸び、コントロールも良くなった」と証言する崎山プロの開眼スウィングを探ってみよう。

崎山プロはどうやってスウィングしているの?

「クラブをムチのようにしならせて振る感覚なんです。シャフトのしなり戻りでヘッドが走る感じ。釣竿や竹笹なんかを“ヒュン”と振る要領ですね。手元をちょっと止めて先が“ピュッ”と走る、あの感覚です」(崎山、以下同)。

画像: 竹笹のようにシャフトをしならせて飛ばす

竹笹のようにシャフトをしならせて飛ばす

「そのために、グリップをやわらかく握って、腕も手首もやわらかく使える準備をしておくんです。手元を飛球線方向に押し出さず、右足の前あたりで止める感じにすると、ヘッドが先行して加速するんです」

ポイント1:優しく握っておくと手元を“キュッ”っと止められる

「ヘッドを走らせるには、ダウンでタメを作らず、なるべく早くヘッドを落として、右足の前で一瞬手元を止めます。これで、竹笹のようにしなり戻って、ヘッドが手を追い越してヒュンと加速するんです」

画像: 右足の前で一瞬手元を止める。そうすればヘッドが手を追い越して加速できる

右足の前で一瞬手元を止める。そうすればヘッドが手を追い越して加速できる

ポイント2: 胸を閉じたままクラブを落とす

「切り返しからクラブを自然に落とすには、腕を脱力して、胸を閉じたまま手元ごとストンと落下させる感覚です。胸や上体の力でクラブを振り下ろすと、右肩が前に出てクラブが外から下りて、一生懸命振ってもクラブを加速させられません」

画像: 腕をやわらかく使えば、切り返しからクラブが自然に落ちてくる

腕をやわらかく使えば、切り返しからクラブが自然に落ちてくる

ゆるく握って落とすだけではあるが、楽に飛ばせて芯に当てることができる。竹笹を振る感じで、しなり戻らせよう!力は要らない、ぜひ試してみてはどうだろうか?

(週刊ゴルフダイジェスト2016年2/16号より抜粋)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.