レギュラー時代は未勝利、しかし2016年はシニアツアー賞金ランク2位という成績を残した崎山武志プロ。崎山プロは、積極的にヒールアップすることで体の回転を補い、楽に大きくスウィングしているのだという。躍進を支える‟足使い”について探ってみよう。

無理せずに左足のヒールアップで体を回そう

崎山プロは、体が硬くなったら『左足を浮かせて打つ』のを試してほしいとこう語る。「僕は体が硬いから、テークバックでヒールアップしないと、体の回転が足りなくなるんです。無理せずにヒールアップした方が、楽に大きく振れますよ」(崎山、以下同)

画像: ヒールアップすると背中が目標を向くくらい肩をしっかり回せる。ヘッドを走らせる助走が長くなる

ヒールアップすると背中が目標を向くくらい肩をしっかり回せる。ヘッドを走らせる助走が長くなる

ヒールアップすると体を回転させやすくなるというのはイメージできる。崎山プロによれば、大切なのは上げたかかとをどこに下ろすのか、だという。そして、上げた場所よりやや内側に下ろすのが正解なようだ。

「ちょっと内側にヒールダウンすると、左つま先が開いた状態となり、スムーズに回転できますよ。かかとを外側に下すと、体が左に流れてインパクトで詰まってしまうので注意しましょう」

画像: かかとを内側に着地させると、体をスムーズに回転できる

かかとを内側に着地させると、体をスムーズに回転できる

左足をヒールアップすれば、股関節に体重が乗りやすく、楽に体を回すことができる。ぜひ、試してみてはいかがだろうか。

(『週刊ゴルフダイジェスト』2016年2月16日号より抜粋)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.