月刊ゴルフダイジェストでは、毎月1つのテーマを決めてネット上でアンケートを実施。アンケート結果を元に、読者のみなさんが抱えるスウィングのお悩みや問題点を誌面で解決していく。そんな「みんなの世論調査」、今回の調査テーマは「スウィングの間を作れていますか?」だ。

回答者の中から抽選で10名の方にボール1ダースプレゼント!

現在、月刊ゴルフダイジェスト2017年4月号(ロリー・マキロイが表紙)に掲載されている「みんなの世論調査」。

みなさんのスウィングの悩みや問題点などなど、思いのたけをぶつけてもらって、それを誌面で解決していくという編集部と読者の皆さんの双方向型の企画なのだ(-_-)/~~~ピシー! ピシー!

プロがトップで止まっているように見えるスウィングの「間」。プロのような間を作りたいと思うけど「飛ばしたい」「当てたい」と振り上げた瞬間、ミスになってしまうこともしばしば。みなさんは、ちゃんと「間」が作れていますか?

ぜひ、下記リンクからアンケートに答えてみてほしい。

画像: reg34.smp.ne.jp
reg34.smp.ne.jp

アンケートに答えた方の中から10名に「スネルゴルフ マイツアーボール 」を1ダースプレゼント!

調査期間は2017年2月21日~2017年3月20日まで。今回の調査結果は月刊ゴルフダイジェスト6月号(2017年4月21日発売)で紹介。回答者の中から抽選で10名の方に、アンケートに答えた方の中から抽選で10名にスネルゴルフマイツアーボールを1ダースプレゼント!

画像: ディーン・スネル氏は、タイトリストの研究開発部門に7年間在籍。「プロV1」や「HPツアー」を設計した、いわばボールのスペシャリスト

ディーン・スネル氏は、タイトリストの研究開発部門に7年間在籍。「プロV1」や「HPツアー」を設計した、いわばボールのスペシャリスト

「プロV1」など多くの名球を手がけたディーン・スネル氏。自身のブランド「スネルゴルフ」はプロV1を進化させたようと評判が高い。

画像: 表面のカバー層は熱硬化性注型ウレタンで極端に薄く仕上げられている点がこだわり

表面のカバー層は熱硬化性注型ウレタンで極端に薄く仕上げられている点がこだわり

上の応募フォームからジャンジャン回答してくださいね! 皆さんのご応募、お待ちしていまーす!詳しくはこちらをチェック↓↓

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.