レギュラーとシニアの2つのツアーを股にかけて活躍する室田淳。そのバッグの中身を拝見! そこには鉄人・室田のこだわりがぎっしり詰まっていた。

飛距離をカバーするためのクラブ選び

画像: 飛距離をカバーするためのクラブ選び

180センチ、80キロの体格を活かし、レギュラーツアーとシニアツアーの二足の草鞋を履いて活躍を続ける61歳の室田淳。しかしそんな鉄人でも、年齢を重ね、徐々に体力の衰えを感じたとき、それをクラブでカバーするようになったという。

画像: 「最近はロフトもライ角も調子に合わせて調整できるから、いい時代になった(笑)」(室田)

「最近はロフトもライ角も調子に合わせて調整できるから、いい時代になった(笑)」(室田)

「クラブは、構えたときの安心感が得られるものが好きです。具体的には、フェース面がちょっと見えるくらいの形が好み。余分な力が入らずに打てるので、振り抜きがよくなるんです。求める弾道は、強くて直進性がある球。『あ、飛んでいるな』という感覚が出せるドライバーは心強いですね」

画像: 形状はオーソドックスなヘッドが好みという ドライバー「テーラーメイド グローレF2」

形状はオーソドックスなヘッドが好みという 
ドライバー「テーラーメイド グローレF2」

3番、4番アイアンの替わりにUTを投入

画像: グリーンを狙うときに計算ができる UT(20度・23度)「ロイヤルコレクション SONARTEC SS-501」

グリーンを狙うときに計算ができる UT(20度・23度)「ロイヤルコレクション SONARTEC SS-501」

最近は、シニアの試合でもコースの距離が伸びている。そのため、長いパー3で確実に乗せるようにアイアンをUTに替えたという室田。これも飛距離をカバーするためのひとつの方法だ。

「3番、4番アイアンの代わりにUTを入れました。アイアンよりも弾道が高いので、グリーンで球が止まってくれます。220~230ヤードのパー3で多く活躍してくれるんです」

画像: 球が上がりやすく、強い球が出る 3W、5W「テーラーメイド M2」

球が上がりやすく、強い球が出る
3W、5W「テーラーメイド M2」

画像: ウエッジは1年に1回のサイクルで替える 50度、52度 「フォーティーン RM」

ウエッジは1年に1回のサイクルで替える
50度、52度 「フォーティーン RM」

画像: 室田 淳(むろた・きよし) 1955年生まれ。2015年シニアツアー賞金王。当時60歳での賞金王は最年長記録だった。2016年は12試合のレギュラーツアーに出場し、シニアツアー3位の好成績を収める

室田 淳(むろた・きよし)
1955年生まれ。2015年シニアツアー賞金王。当時60歳での賞金王は最年長記録だった。2016年は12試合のレギュラーツアーに出場し、シニアツアー3位の好成績を収める

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.