大きな話題となっているキャロウェイのニュードライバー「GBBエピック」。「スター」と「サブゼロ」の2モデルがあるが、その違いが気になっているというゴルファーも多いはず。そこで月刊ゴルフダイジェストが2つの違いを徹底解剖! 試打データからみる2モデルの違いを紹介しよう。

“サブゼロ”はスピン少なめ&食いつき良好!

極端なシャローバック形状で、明らかに低重心を狙った作り。ソールのウェートビスは、重いほうをフェース寄りにハメるとかなりの低重心となり、スピンが減る。

画像: カタチも作りも低重心&ロースピン

カタチも作りも低重心&ロースピン

サブゼロは喰いつくような打感とライナー性の低スピン弾道が持ち味。スターよりスピン量が少なく、力強い球でランも稼いでくれる。

画像: 関雅史プロによる試打データ。スピン量が抑えられている

関雅史プロによる試打データ。スピン量が抑えられている

“エピックスター”は安定弾道&強弾き感!

“カチャカチャ”がついていないので、ヘッドの重量が軽くてクラブを長くできる。“長・深”の重心で慣性モーメントを大きくして、弾道の安定を狙っている。

画像: ミスヒットをカバーする高MI設計

ミスヒットをカバーする高MI設計

スターは球が上がりやすく、打点がバラついてもコンスタントに飛ばせる。

画像: 同じく関プロによる試打データ。高さがあり、球がつかまりやすい

同じく関プロによる試打データ。高さがあり、球がつかまりやすい

【結論】“スター”と“サブゼロ”は全くの別物だ!

「スター」は弾きの強さがあって、出だしのスピードが速い。それでいて、球がつかまりやすいし、高さも程よく出る。

画像: 弾いて初速が出るのが「スター」

弾いて初速が出るのが「スター」

対して、「サブゼロ」は打ち出しが低めで、明らかにスピンが少ない。球の高さを自分で作れるアスリート向けだ。

画像: ソフトな打感で押していくのが「サブゼロ」

ソフトな打感で押していくのが「サブゼロ」

“スター”と“エピック”の比較は、月刊ゴルフダイジェスト4月号「2017ドライバー大研究!」の一部を抜粋。誌面には試打コメントやヘッドデータ計測数値などで、さらに詳しく2モデルを比較している。

ほかにもテーラーメイドの「M1」「M2」の徹底解剖など、気になるニューモデルに徹底的に迫っている。ゴルフシーズンはもうすぐそこ。エースドライバーを探している人は、ぜひ読んでおきたい内容だ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.