10ヤードくらいの短いアプローチで多いのが、ピンを大きくオーバーするミス。ショートゲームの専門家である石井忍プロは「通常のショットのように、クラブのライ角どおりに構えてしまうのが原因。ヒールが先に地面に当たるとヘッドが返って、ボールの打ち出しが強くなってしまうんです」と言う。ならばどうすればいいのか? ミスを減らすためのポイントを教えてもらおう。

ヒールを浮かせれば大オーバーがなくなる!

ピンまで10ヤードの状況なら、ショートアイアンで手前の芝とグリーンエッジをクリアするランニングアプローチが正解。そして、構え方にちょっとしたコツがある。

「ボールに近く立ち、ヒールを浮かせて構えれば、ミスはグンと減ります」(石井、以下同)

ヒールを浮かせることで、ソールと地面との接地面積が小さくなるので、ヘッドが突っかかりにくくなる。「トウが地面に当たってもフェースは開くだけなのでオーバーのミスは防げます」とのことだ。

画像: よく見るとヒールが少し浮いているのが分かる

よく見るとヒールが少し浮いているのが分かる

アウトサイドに振り抜かないようにしよう。ボールを右に置いて転がす打ち方は、ややインサイドアウトに振り抜くが、「ボールを体の真ん中に置いてパターのように打つので、ヘッドは目標方向に出していきます」

フォローでヘッドは目標方向に抜いていく

シャフトは地面と垂直になるように構えよう。アドレスでハンドファーストが強くなりすぎないように注意。石井プロは「ロフトが立って、キャリーが出ません。シャフトを地面と垂直に構えて、ソールを滑らせます」と話す。

画像: 完璧に垂直にしなくてもいいが、ハンドファーストになりすぎないように注意しよう

完璧に垂直にしなくてもいいが、ハンドファーストになりすぎないように注意しよう

「ボールに近く立ってヒールを浮かせれば、フェースの向きを変えずに打てます」(石井)

3つのポイントを抑えてオーバーしやすい10ヤードの距離のアプローチを成功させよう!

(週刊ゴルフダイジェスト2016年3/22号より抜粋)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.