ラウンド経験がない、あるいは少ない初心者ゴルファーが一番最初にぶつかる問題といえばダフリでもスライスでもなく「空振り」だ。クラブがボールに当たらない! なんてときにチェックしたいのが「両わき」だと内海大祐プロはいう。一体どういうことなの?

空振りするのは「両わき」が開いているアドレスだから

「初心者が空振りする原因は簡単です。それはアドレスの時に『両わき』が開いているからなんです。アドレスのときに両わきがゆるゆるだと、ボールとの距離が遠くなってしまって、手だけで打つ構えになってしまうんです」(内海プロ、以下同)

画像: 正しいアドレスなら、空振りすることはない

正しいアドレスなら、空振りすることはない

「まずは両わきにヘッドカバーを挟んでみましょう。これが正しいアドレスです」と、内海プロ。上の写真を見てみると、ヘッドカバーを挟むだけで、わきが締まったカッコいいアドレスになっているのが分かるはずだ。

ドリル:両わきにヘッドカバーを挟んだままスウィングしてみよう

「正しいアドレスができたら、次はヘッドカバーが落ちないようにスウィングしてみてください。落とさずに振れれば、きちんとわきが締まっている状態ですよ」

ラウンド中、空振りをして恥ずかしい思いをしたことはないだろうか。空振りしてしまった経験がある人は、ヘッドカバーをわきに挟んで、正しいアドレスを身につけよう!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.