男子世界ランキング3位(2017年2月7日現在)のローリー・マキロイ。そのマキロイが、ナイキの公式サイトで自身のテクニックを動画で解説している。マキロイの爆発的な飛距離のスウィングの秘密に迫ろう!

マキロイのドライバーを飛ばすためのスウィングの秘密とは?

身長175センチと決して大きくはない体格だが、爆発的な飛距離を誇るマキロイ。そのテクニックを、契約先のナイキゴルフが「PRO TIPS」と称して公開した。

画像: テークバックは頭とひざ、つま先と1本の線でつながるようなイメージ www.nike.com

テークバックは頭とひざ、つま先と1本の線でつながるようなイメージ

www.nike.com

マキロイがスウィングのときもっとも意識することは「右足に乗せた体重をいかにスムーズに左側に移動させるか」ということ。

画像: ダウンスウィング時は左足に体重を完全に移動させスウィング www.nike.com

ダウンスウィング時は左足に体重を完全に移動させスウィング

www.nike.com

クラブは力を入れて引き下ろすのではなく、自然に落とす。理想とするインパクトのためには頭をボールの後ろに残す。このとき腰はできる限り強く回転させる。

画像: 頭が残った完全なるビハンド・ザ・ボール www.nike.com

頭が残った完全なるビハンド・ザ・ボール

www.nike.com

腰の回転に比べて肩はターゲットラインに対してスクエアになる。腰の動き、肩の動き、そしてボールの飛ぶ方向、全てが違う力の向きになっていることに注目。

画像: ボールをインパクトする直前には右足の踵が数センチ浮いている www.nike.com

ボールをインパクトする直前には右足の踵が数センチ浮いている

www.nike.com

アドレスの時との左足の向きに注目して欲しい。少し向きが分かっていることが分かるはずだ。これは「左足全体ではなく踵」に体重が乗っているからではないだろうか。

画像: 右足がアドレスと同じ向きに対し、左足は踵を軸に動いている www.nike.com

右足がアドレスと同じ向きに対し、左足は踵を軸に動いている

www.nike.com

右足を柔軟に使えると、クラブを鋭く振れるので、思い通りのショットを打つことができる。体重移動が完璧にできているからこそ、鋭くクラブを振り切ることができるのだ。

画像: 背中にクラブが付くような鋭く振り切るスウィング www.nike.com

背中にクラブが付くような鋭く振り切るスウィング

www.nike.com

現在ナイキゴルフの公式ホームページにてマキロイの飛ばすためのテクニックの動画が3種類公開されているぞ。マキロイの飛ばせるスウィングテクをぜひ自分のモノにしよう(画像はすべてナイキ公式サイトより)。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.