新開発の「マイクロヒンジ・インサート」によりインパクト後ボールにすぐに順回転がかかり、結果として方向性や距離感が安定するというオデッセイの新製品「O-WORKS」。ラインアップされた11モデルすべてをプロ資格を持つ「みんなのゴルフダイジェスト編集部員」中村修が試打し、11回に分けてその性能をレポートする。11回目はシリーズ最重量パター「#7タンク」が登場!

「デカくて重い」はいいことだ

大きくて、重い。「#7タンク」を言葉で表現しろと言われたら、そう答えるしかない。大きい。重い。それがこのパターの特徴であり、ストロングポイントでもある。

「パターがスムーズに動かせない人、苦手意識を持っている人は、もう迷わずこのパターを試していただきたい。非常に重いので、アドレスしてから余計なことを考える余地がありませんから」(中村修、以下同)

画像1: 「デカくて重い」はいいことだ

言葉で表現するのは難しいが、このパターをストロークする感覚は他のパターのそれとは大きく異なる。まるでジャンボ機が着陸し、そのまま離陸するような極めてゆるやかで、地を這うようなストロークが、ただこのパターを持って動かそうとするだけで実現できてしまうのだ。

画像: 左が#7タンク。右の#7と比べるとひと回り大きいのがわかる

左が#7タンク。右の#7と比べるとひと回り大きいのがわかる

「なんというか、“人がやるのはバックスウィングだけ”という印象を受けます。切り返しからインパクト、フォローに至るまで、あとは全部パターがやってくれるんです。当然、ストロークは安定し、ヘッドが波打つようなことはありませんし、ブレません。またO-WORKSのパターはどれも転がりが良いのですが、その中でもこのパターは別格。ロングパットでの距離の合わせやすさは抜群です」

画像2: 「デカくて重い」はいいことだ

ゴルファーの「パター観」まで変えてくれそうな機能を秘めたモデル。それがこの「#7タンク」だと言える。驚異の安定感、ぜひ体感していただきたい。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.