28歳の若さで惜しまれつつ現役を引退した元世界ナンバー1、ロレーナ・オチョアが久々にファンの前に帰って来る。本人も「夢のよう」という2日限りの夢舞台の全貌が明らかになった。

元世界ナンバー1、ロレーナ・オチョアのプレーが見れる!

オチョアが参戦するのは2017年5月4日から地元メキシコで行われ、自身が主宰する米女子ツアーのロレーナ・オチョア・マッチプレー。4年ぶりに開催されるマッチプレー形式の競技には賞金ランク上位者、世界ランク上位者など64名の精鋭が集う。

画像: ロレーナ・オチョアは、2007年に女子世界ランキング1位の座をアニカ・ソレンスタムから奪還。その後、2010年に現役引退を発表した

ロレーナ・オチョアは、2007年に女子世界ランキング1位の座をアニカ・ソレンスタムから奪還。その後、2010年に現役引退を発表した

そしてオチョアが登場するのは、大会の週末に同時進行で行われるエキジビションマッチだ。アニカ・ソレンスタム、ジュリー・インクスター、パク・セリのかつてのライバルたちが集結し、2対2の豪華チーム戦を繰り広げる。

画像: アメリカ出身のジュリー・インクスター。メジャー7勝を含む通算31勝をあげる女子プロ界の重鎮

アメリカ出身のジュリー・インクスター。メジャー7勝を含む通算31勝をあげる女子プロ界の重鎮

「彼女たちのような素晴らしいチャンピオンたちと再び対戦できるなんて夢のようです。この大会を誇りに思います。ファンの前で久しぶりにプレーして、しかもこのメンバーとの対戦ですから一生忘れられない思い出になるでしょう」と、興奮を隠せない元世界ナンバー1。

殿堂入りを果たした4人が夢の対決

実はオチョア、ツアー通算27勝(うちメジャー2勝)を挙げゴルフ殿堂入りのポイントはクリアしていたが、2010年に引退したことで、もう1つの条件「ツアーで10年プレー実績があること」という項目を満たせず殿堂入りは果たせていなかった。

しかし最近そのルールが見直され、オチョアは今年9月、晴れてホール・オブ・フェーマーの仲間入りすることになったのだ。すでにアニカ(通算72勝うちメジャー10勝/引退)、インクスター(通算31勝、うちメジャー7勝/現役)、パク(通算25勝、うちメジャー5勝/昨年引退)は殿堂入りしており、エキジビションは4人全員がホール・オブ・フェーマーという、ファンにとってもまさに夢のマッチとなりそうだ。

画像: アニカもオチョアとのプレーを楽しみにしているようだ

アニカもオチョアとのプレーを楽しみにしているようだ

「オチョアの殿堂入りをお祝いする意味でも参加するのがとても楽しみです。一緒に戦っていた頃の彼女は手強かった。タフな相手だったけれど、ゴルフの伝道師として大きな役割を果たしている姿に刺激を受けました。疾風のようにツアーを駆け抜けた彼女と早く会いたいです」とオチョアに不動のナンバー1の座を譲った元ライバル、アニカもマッチプレー出場を心待ちにしている。

ちなみに誰と誰がペアを組むのかは今後の発表となる。二児の母となったオチョアの晴れ姿。楽しみだが本戦の若手たちのプレーが霞んでしまわないことを祈りたい。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.