ドラコン選手でともに最長飛距離が400ヤードオーバーのプロゴルファー・南出仁寛(きみひろ)と身体動作の専門家・岡本啓司。2人とも体格が他のドラコン選手より小柄であるにもかかわらず飛ばせる理由がアドレスにもあった!飛ばしの土台であるアドレスを作るためには「真っすぐ立つ」ことが重要という。

ポイント1:すべては「真っすぐ立つ」ところから

「まず鏡の前で自然に立ってみてください。多くの日本人がつま先に体重が乗っていたり、猫背になってしまっています。では、どうするかというと、まずかかとに体重を乗せます。そして両脚を地面と*鉛直となるようにするんです」(岡本)

画像: 長ズボンの「サイドの縫い目」が地面に対して垂直に立つ

長ズボンの「サイドの縫い目」が地面に対して垂直に立つ

*鉛直とは重りを糸で吊り上げた時の糸が示す方向、つまり重力の方向のこと

ポイント2:力が出せる腕の準備動作

「片方の腕を身体の横から地面と平行になるまで上げて、手のひらが上を向くように回します。そこからゆっくりと身体の脇に腕を下ろし、最後にひじから先を内側に回し、手のひらが身体を向くようにします」(南出)

画像: 強いインパクトを作る「腕の準備動作」

強いインパクトを作る「腕の準備動作」

ポイント3:身体を回せる、首の準備動作

「上体を動かさずに、首(頸椎)を後ろにもたれさせます。それから頭蓋骨を首の骨に乗せるように、ぐっと顎を引く。鎖骨と肩甲骨の間に首をセットするイメージを持つといいでしょう。頭部から足まで重心線と身体の各部が一直線になります」(南出)

画像: 身体が目一杯回せる!「首の準備動作」

身体が目一杯回せる!「首の準備動作」

ポイント4:骨盤を立てたまま、腰を丸めて前傾

「一般的なゴルフスウィングのセオリーとは異なり、骨盤を立てたまま腰を丸めていきます。腰の部分の筋肉がゴムのように伸ばされるイメージです。正しい前傾姿勢を作るには、ベルトの上あたりに鉄の棒があるとイメージし、身体をそこに押しつけて前方に曲げるイメージです」(南出)

画像: クラブを支点に腰を丸める。胸は張らないように注意

クラブを支点に腰を丸める。胸は張らないように注意

「4つのポイントを意識し、腕は脱力してダラリとさせた状態から手を合わせ、クラブを持つ。最後に少しだけひざを曲げてアドレスの完成です。つま先と足の幅は番手次第でフレキシブルに変えていいでしょう」(南出)

南出・岡本コンビがドラコン選手としては小柄ながら400ヤードを越える爆発的な飛距離を誇る理由は、2017年4月6日発売の書籍「秘技!スプリント打法のすべて。」で余すところなく語られている。気になった人はチェック!

この記事の内容は、ゴルフダイジェスト新書「そんな飛距離でよく我慢できるねッ!」より。じっくりと理論を読み込みたい人には、こちらがオススメ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.