2017年の米女子ツアーのメジャー第1戦「ANAインスピレーション」で、レキシー・トンプソンが最終日途中まさかの「4打罰」を宣告され、結局プレーオフの末敗退。テレビ視聴者からの指摘を受けて課されたペナルティであったこともあり、プロを交えての激論が起こっている。この問題、みなさんはどう思いますか?

視聴者からの指摘で「4打罰」が科された

問題のシーンは2017年のANAインスピレーション3日目17番ホール。レキシー・トンプソンがボールをマークして拾い上げ、再びプレースしたシーンだ。上のLPGA(米国女子プロゴルフ協会)公式サイトにある動画を見てもらうとわかるが、たしかに元あったボールの位置からわずかにズレた位置にプレースしているようにも見える。

この映像を見た視聴者からの指摘を受け、競技委員がチェックしたところ、「誤所からのプレー」と「スコア誤記(過少申告)」と判断され、それぞれ2打罰、計4打罰を科されるということになった。しかも最終日の12番終了直後というタイミングで。結局、トンプソンはプレーオフ1ホール目で敗れ、メジャー勝利を逃している。

タイガーも、かつて「誤所からのプレー&スコア誤記」で4打罰を受けていた

画像: Tiger Woods on Twitter twitter.com

Tiger Woods on Twitter

twitter.com

タイガー・ウッズは自身のツイッターで「家で見ている視聴者が競技委員になるべきではない」とトンプソンを擁護。ちなみにタイガーは2013年のマスターズ2日目の15番ホールでドロップする場所を誤り、そのままプレーを続行したことでホールアウト後に今回のトンプソンと同じ理由で4打罰を科されている。

トンプソン本人も自身のインスタグラムに、「100%、インテンショナルではない」と釈明している。

Instagram投稿の投稿者: Lexi Thompsonさん 日時: 2017 4月 3 3:25午前 UTC

www.instagram.com

トンプソンの行為が故意だったか否か。そして、視聴者の指摘により、後から罰打が課されたことは正しいことなのか、否か。この問題には、このふたつのテーマが隠れている。ここでズバリ、アンケート。この問題、あなたはどう思う?

レキシー・トンプソンの「4打罰」あなたはどう思った?

  • 映像を見る限り、故意であることは明らか。4打罰は必然
  • 映像を見る限り、故意だとは断言できない。4打罰はない
  • 故意か故意でないかはともかくとして、優勝争いをしている選手ほどテレビに映って“あら探し”をされるのは不公平。視聴者からの指摘は無視すべき
  • 故意か故意でないかはともかくとして、視聴者からの指摘を受けるのは衆人環視の元プレーするトッププロなら当然。疑われるほうに問題がある
  • 難しいことはわからんが、とにかくプレー中に疑わしい行為はしないことが一番だよね
  • 映像を見る限り、故意であることは明らか。4打罰は必然
    12
    250
  • 映像を見る限り、故意だとは断言できない。4打罰はない
    19
    404
  • 故意か故意でないかはともかくとして、優勝争いをしている選手ほどテレビに映って“あら探し”をされるのは不公平。視聴者からの指摘は無視すべき
    42
    903
  • 故意か故意でないかはともかくとして、視聴者からの指摘を受けるのは衆人環視の元プレーするトッププロなら当然。疑われるほうに問題がある
    14
    295
  • 難しいことはわからんが、とにかくプレー中に疑わしい行為はしないことが一番だよね
    14
    294
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.