メジャー出場74回目にして初のメジャータイトルを獲得した、セルヒオ・ガルシア。その手にはどんなクラブが握られていたのか? ‟神の子”ガルシアの14本を見ていこう。

37歳になった「神の子」がメジャー初優勝した14本

画像: S・ガルシアのクラブセッティング。撮影は2017年のシンガポールオープン。ここからパターが入れ替わっている

S・ガルシアのクラブセッティング。撮影は2017年のシンガポールオープン。ここからパターが入れ替わっている

【1W】テーラーメイドM2(9.5度)/三菱レイヨン クロカゲ80(TX)
【3W】テーラーメイドM1(15度)
【5W】テーラーメイドM1(19度)
【3I~PW】テーラーメイドP750ツアープロト
【AW】テーラーメイド ミルドグラインド(52度)
【SW】テーラーメイド ミルドグラインド(58度)
【PT】テーラーメイドTPコレクションJUNO
【BALL】テーラーメイドTP5

こちらが、セルヒオ・ガルシアのセッティング。飛距離と方向性を兼ね備えたテーラーメイド「M2」と、FW2本にウェッジ2本というクラシカルな番手構成になっている。

画像: 2017年2月「オメガドバイクラシック」でツアー通算12勝目を挙げ、マスターズで悲願のメジャー初タイトルを獲得。プロデビューした1999年の「全米プロ」で2位となり、「神の子」と呼ばれ世界中の注目を浴びた

2017年2月「オメガドバイクラシック」でツアー通算12勝目を挙げ、マスターズで悲願のメジャー初タイトルを獲得。プロデビューした1999年の「全米プロ」で2位となり、「神の子」と呼ばれ世界中の注目を浴びた

タメの強さを活かすテーラーメイド「M2」

画像: M2を使って、2017年2月の欧州ツアーで完全勝利

M2を使って、2017年2月の欧州ツアーで完全勝利

ガルシアのテーラーメイド「M2」は、9.5度の「スタンダード」のポジション。

画像: ポジションはスタンダード

ポジションはスタンダード

飛距離と方向性の高さは、PGAツアーの「トータルドライビング」でトップ争いをしていることからもわかる。ガルシアは、現在「トータルドライビング」3位。

画像: 今どきのやさしいヘッド

今どきのやさしいヘッド

シャフトは80グラム台の重めのシャフト。そのわけは、ダウンスウィングでのタメの強さ。シャフトの重みを活かしてコック&リリースがしやすいし軌道が安定するからだ。ボールは打感が柔らかい「TP5」ボールをチョイスしている。

画像: 80グラム台の重いシャフトを差す

80グラム台の重いシャフトを差す

2017年のマスターズは、ガルシアの優勝で幕を閉じた。最終日は、(スペインの大先輩である故・)セベ・バレステロスの誕生日。故国の英雄、セベに捧げる勝利になった。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.