飛距離を追求したブランド、グランディスタから新しく発売されるウェッジ「RS-W」は新発想のウェッジ。なにが新発想なのかといえば、ヘッドとシャフトのつなぎ目であるソケット部分に比重の重いタングステンを採用しているのだという。それってなんのため?

「タングステンソケット」でプロのショットを誰でも実現!

開発者は飛距離アップ請負人として名高い吉田一尊プロ。吉田プロが、「アマチュアゴルファーが、プロのようなスピンの効いたピッチ&ランを打つにはどうしたらいいのか」と考えに考え抜いた結果、生まれたのがこのウェッジ。

発想のきっかけは、「やさしいウェッジは、実は難しいのではないか」という疑問だった。

「アプローチが苦手なアマチュアの人って、いわゆる“やさしいウェッジ”を使っていますよね。でも、やさしいとされるソールが広いウェッジは、重心距離が長くなる分ボールをつかまえるのが難しく、低重心であるためヘッドがリリースされやすくて、ハンドファーストがキープできないんです」(吉田プロ、以下同)

ただし、従来の“やさしいウェッジ”は、シャフトを垂直に構えたピッチショットを行うにはたしかにやさしい。一方で、日本の芝からのアプローチは、ハンドファーストをキープしたピッチ&ランが一番やりやすい。そこで、それをやさしくできるウェッジを作ろうと開発がスタート。たどり着いたのが、“タングステンソケット”なのだという。

画像: ヘッドシェイプは、何度も研磨を繰り返し、プロモデルながら、優しさと美しさを両立させた形状に

ヘッドシェイプは、何度も研磨を繰り返し、プロモデルながら、優しさと美しさを両立させた形状に

「まず、重量を高い位置に配置することで超高重心になり、バックスピンが増加います。そして、ネック寄りに重量があるので、重心距離が短くなっている。結果、つかまりが格段に良くなり、フェースにボールが乗って弾道が安定し、縦の距離感が合わせやすいんです。こんなに効果が出るとは、自分でもビックリでした」

ウェッジは他のクラブに比べて重心が高い。それによりインパクト時にギア効果が働き、よりバックスピンがかかりやすくなる。

「また、フェース寄りに重量があるので、重心深度が浅くなります。そのため、インパクトでロフトが立ち、ハンドファーストをキープしたままクリーンにヒットしやすくなり、ザックリやトップのミスが劇的に減少するんです」

誰でも簡単に、トッププロのようなスピンの効いたピッチ&ランが打てるというこのウェッジ。ぜひキャディバッグに入れたい1本だ。

価格:25,000円+税、2017年5月発売予定。素材:【ヘッド】軟鉄S20C【ソケット】タングステン、製法:【ヘッド】鍛造【ソケット】削り出し

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.