近頃のアイアンは低重心化が進み、以前のように上から打ち込む必要がない。実際、女子プロを見ているとやはりガッツリとターフを取る選手はいない。そんな“さらっと打ち”が得意な女子プロの中でも「アイアンが生命線です」と言うのが、2017年ツアーの開幕第3戦、Tポイントレディスを優勝した菊地絵理香。「両方のウチももがポイントです」という払い打ちをマスターしよう。

ウチもも「ギュッ」と力んでますか?

「上から打ち込む意識は全くないですね。打ち込もうとすると、力んでミスになります。ゆるやかな軌道で、ボールをさらっと払っていくほうがいい。そのためには両ももの内側に力を入れて体重移動することが大事。スムーズに回転できるので、ゆるやかな軌道でスウィングできますよ」(菊地、以下同)

ももの外側に力を入れると体重移動が過度になり、スウェイにつながってしまう。

「スウェイすると、クラブが下から入ったり突っ込んだりします。ボールを上手く払うにはももの内側で踏ん張ることが大事です」

画像: トップで体重は右、ダウンで左へと移動する。力が逃げないように両ももの内側に力を入れる

トップで体重は右、ダウンで左へと移動する。力が逃げないように両ももの内側に力を入れる

最後まで振り切る意識を忘れない

フィニッシュのイメージを持つことでインパクトを通過点だと思える。

「打ち込もうとするとインパクトが目標になってしまいます。振り切る意識を持つと払いやすくなります。アマチュアの人はターフを取っていくショットに憧れるかもしれませんが、ターフは自然に取れるもの。無理に取りにいこうとすると、絶対手打ちになりますよ」

画像: インパクト後は両腕を伸ばして大きなフォローを取る。その勢いでフィニッシュまで振り抜いていく

インパクト後は両腕を伸ばして大きなフォローを取る。その勢いでフィニッシュまで振り抜いていく

「短い距離を左手一本」で払い打ちをマスター

払い打ちをマスターするには左手一本練習がいいと菊池。

「短い距離を左手一本で打つことで、体の動き、クラブの動きを覚えることができるんです。手元が浮いてしまうとボールに上手くヒットできません。芝をはくように、低い位置から低い位置へ、クラブの動きを確認しながらクリーンヒットしましょう。払い打ちの感覚が身につきますよ」

画像: 手元をキープして体の回転で打つ

手元をキープして体の回転で打つ

今どきアイアンは重心が低くなり、強く打ち込む必要がなくなった。払い打ちをマスターすればクリーンヒット間違いなし!

(週刊ゴルフダイジェスト2015年4/28号より抜粋)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.