レイアップせずに、とにかくグリーンに近づけた後の必ず寄せたい残り30ヤード。「ちょうど半分、15ヤード地点の落としどころに集中です」と話すのは、期待の若手の江澤亜弥。どういうことか、解説してもらおう!

左足体重にして低い球をイメージ

30ヤードの距離を合わせるには半分上げて、半分転がすのが簡単だと江澤プロ。ただ、ボールを上げようとすると、絶対に避けたいダフリ&トップが出るので注意。

「球筋はピッチ&ランですが、低くボールを打ち出すイメージを持ちます。ピンに寄せようとするとどうしても意識がピンに向いてしまいがち。15ヤード地点の落とし場所を決めたら、あとはスウィングに集中します。つまらないミスを避けるために、あえて低い球を打つ構えを作ります」(江澤、以下同)

画像: キャリーで15ヤード、ランで15ヤードのイメージで落とし場所を考えよう

キャリーで15ヤード、ランで15ヤードのイメージで落とし場所を考えよう

ポイントは左足体重でヘッドを上目から入れること。ボールを上げようとするとヘッドが下から入りやすくなる。左足体重にして入射角を鋭角にする。打ち急ぐとミスになるので、振り幅をイメージしたら、あとは、リズム良く振ることだけを考える。

「球の高さはロフトが出してくれるものだと信じて、低い球を打つイメージでスウィングすると、体の起き上がりが防げます。要するにこの場面で絶対にやりたくないのは、グリーンにただ乗っただけという状況。多少ランが出すぎても、しっかりフェースでボールを捉えていればグリーンをこぼれるまでにはなりません。最低限、ワンピンに寄せられる打ち方です」

画像: 手首の形をキープしたままフォローでヘッドを低く出す。フェース面をターゲット方向に出すイメージ

手首の形をキープしたままフォローでヘッドを低く出す。フェース面をターゲット方向に出すイメージ

また、キャリー15ヤード・ラン15ヤードのアプローチは、AWよりもPWのほうが大きなミスが出にくいとのこと。寄せたいがあまり、力んでミスが出やすい残り30ヤード。落とし場所に集中すれば、つまらないミスが減りそうだ。

江澤亜弥(えざわ・あや)1994年4月21日生まれ、埼玉県出身。ステップアップツアーからシード復帰を狙う。小技の引き出しが多い

写真/大澤進二

(週刊ゴルフダイジェスト2016年8/2号より抜粋)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.