ドラコン選手でともに最長飛距離が400ヤードオーバーのプロゴルファー・南出仁寛(きみひろ)と身体動作のスペシャリスト・岡本啓司。体格的に他のドラコン選手より小柄であるにもかかわらず飛ばせる鍵は「走る動き」で振る「スプリントスイング打法」にある。実際にどういう風にスウィングしているのだろう?テークバックから切り返しまでを見てみた。

右ひざをじわ~っと伸ばして始動する

「テークバックは右ひざを伸ばすことでスタートします。腕や体を動かす意識は必要ありません。意識して動かすのはあくまで右ひざだけ。右脚で地面を踏んで、ゆっくり、じわーっと右ひざを伸ばす動きで始動するのです」(南出)

画像: 右ひざを伸ばせば体は自然に回る

右ひざを伸ばせば体は自然に回る

フェースをボールに向けたまま上げていく

「スプリント打法では、バックスウィングで手元が腰の高さに来るあたりまでフェースを閉じ気味に使い、フェースをボールに向けておきます。そして、そこからトップまでは、フェースを地面に向けながら上げていってください。実際には、手首のコックが入るので、トップでフェースは空を向きます」(岡本)

画像: 現代のドライバーは、いったんフェースが開くと元に戻りにくいので、終始閉じ気味にしておこう

現代のドライバーは、いったんフェースが開くと元に戻りにくいので、終始閉じ気味にしておこう

右ひざが曲がり始める“瞬間”が切り返し

「右ひざを伸ばしてバックスウィングし、右ひざが完全に伸び切ったら、そこがトップ。そして、伸びた右ひざが曲がり始め、左ひざが伸び始める瞬間が切り返しです。このとき、クラブはまだ上方向に動いていますが、体は下方向へと向かいます。この動きによって手首がコックされるとともに、体幹部がねじれ、大きなパワーが生まれるのです」(南出)

画像: 「クラブが上、体が下に動くことでねじれのパワーが生まれるんです」(南出)

「クラブが上、体が下に動くことでねじれのパワーが生まれるんです」(南出)

スプリント打法のテークバックと切り返しは、すべて下半身の動き、もっと言えば両ひざの曲げ伸ばしに連動している。上半身の力を抜いて脚に意識を向けて、ぶっ飛びスウィングを手に入れよう!

この記事は、好評発売中の「秘技! スプリント打法のすべて」の内容を抜粋したもの。飛ばしたい人は、ぜひ大きい写真の書籍でチェックを!

写真/有原裕晶

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.