ユーティリティは、パー5のセカンドや長いパー3、狭いホールのティショットなどで大活躍するお助けクラブ……のはずなのに、なぜかこのクラブを苦手にしているゴルファーが少なくないという。そこで立ち上がったのが、芹澤大介プロ。やさしいUTをやさしく打つための方法をさっそく聞いてみよう!

ユーティリティ、実はダフリ厳禁クラブ

なぜやさしいはずのユーティリティ(UT)でミスが出てしまうのか。芹沢プロは、やささくするための重心設定にその理由があるという。

「UTは球をつかまえやすくするために、重心距離が短いモデルが多いんです。重心深度も浅めだから、ソールがつっかかったときにヘッドが左にクルッと回転しやすいです」(芹澤、以下同)

ユーティリティはスライスしにくさが魅力のクラブだが、それゆえに少しのダフリで引っかけのミスを誘発するというのだ。

画像: 手前にダフると芝につっかかって、ヘッドが急激に返ってしまうのがUTの泣き所

手前にダフると芝につっかかって、ヘッドが急激に返ってしまうのがUTの泣き所

ヘッドが垂れたら即ヒッカケ!

では、UTをミスなく打ちこなすにはどうすればいいのだろうか。

「右腰の高さをキープしたまま、腰を入れ替えるようにターンさせましょう。このとき、右腰が下がると右肩も下がり、手が浮いてヘッドが垂れてしまい、ダフりやすくなるので注意してください」

画像: 「右腰を落とさない!右サイドが下がると手元が浮いてヘッドが垂れダフりやすくなる」

「右腰を落とさない!右サイドが下がると手元が浮いてヘッドが垂れダフりやすくなる」

右腰を下げないことが、ダフりを防ぐために必要なのだという。

「腰よりも上からクラブを下ろすつもりで振ると、右腰が下がりにくくなりますよ」

「腰より上からヘッドが下りればOK」

活躍する場面が多いUTを得意にしておけば、ラウンドした際に必ずお助けクラブになってくれるに違いない。右腰を落とさないように、体をクルッと回転させて、ダフリをなくそう!

(週刊ゴルフダイジェスト2016年5/24号より抜粋)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.