2016シーズンに賞金ランクトップ10入りを果たした今平周吾。今シーズンはさらなる飛躍を目指してクラブ契約を変え、気分を新たに挑んでいると言う。そんな彼が信頼する14本の相棒とは?

「顔」と「打感」が選んだ決め手。10ヤード飛距離が伸びたドライバー

2017年の今季は、さらなる飛躍を期しクラブ契約を変えたという今平周吾。ドライバーとアイアンはヤマハのクラブを使用している。

「ヤマハに決めたのは、ドライバーもアイアンも、顔と打感が自分の好みにピッタリ合ったからです。僕は持ち味がフェードなので、ドライバーに関しては少しフェースが逃げて見えるくらいが、球を叩けるイメージが出るので好きです。若干小ぶりなヘッドで、思いきり振っていけるので、飛距離が10ヤードも伸びました」(今平)

画像: 「構えたときに少し開いて見えるので、左へのミスの心配がありません」(今平)。ドライバー「ヤマハ RMX116」(10.5度)

「構えたときに少し開いて見えるので、左へのミスの心配がありません」(今平)。ドライバー「ヤマハ RMX116」(10.5度)

安心感と構えやすさを兼ね備えたアイアン

「アイアンは、トップラインとリーディングエッジにストレート感があり、ターゲットに対してスクェアに構えやすいです。ヘッド自体はやや大きめですが、形がシャープですっきりした顔なので、安心感と構えやすさの両方を兼ね備えたヘッドだと思います。打感が柔らかくて、コントロールしやすいところも気に入った点です。積極的にピンを狙って行けます」(今平)

画像: 打感が柔らかくフェースに長く球が乗る。「トップラインとリーディングエッジのストレート感が気に入っています」(今平)

打感が柔らかくフェースに長く球が乗る。「トップラインとリーディングエッジのストレート感が気に入っています」(今平)

画像: やや大きめのヘッドながら見た目はシャープ。「安心感と構えやすさが同居している感じです」というアイアン4I~PW「ヤマハ RMX116 ツアーブレード」

やや大きめのヘッドながら見た目はシャープ。「安心感と構えやすさが同居している感じです」というアイアン4I~PW「ヤマハ RMX116 ツアーブレード」

画像: ウッドは「キャロウェイ EPIC」(3W)、「キャロウェイ EPIC SUBZERO」(5W)。UTは「タイトリスト 910H」をチョイス。「スピン量を抑えられて、球が吹き上がらないので初戦から使っています」(今平)

ウッドは「キャロウェイ EPIC」(3W)、「キャロウェイ EPIC SUBZERO」(5W)。UTは「タイトリスト 910H」をチョイス。「スピン量を抑えられて、球が吹き上がらないので初戦から使っています」(今平)

画像: 「構えやすくラインに乗せやすい。打感も柔らかくタッチが合わせやすい」というパター「オデッセイ ホワイトホット RX 2ボール」

「構えやすくラインに乗せやすい。打感も柔らかくタッチが合わせやすい」というパター「オデッセイ ホワイトホット RX 2ボール」

画像: 「丸顔が好きで、フェースを開いても構えやすいのが気に入っています。球筋のイメージが出しやすいんです」(今平)。「タイトリスト ボーケイ」(52・60度)

「丸顔が好きで、フェースを開いても構えやすいのが気に入っています。球筋のイメージが出しやすいんです」(今平)。「タイトリスト ボーケイ」(52・60度)

新しい武器を携えて、今平周吾は今季ツアー初優勝を目指す!

※詳しいスペックは、週刊ゴルフダイジェスト2017年5月23日号「pro's spec」をチェック!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.