ゴルフ場にある4色の杭。この杭のそばにボールが転がってしまった場合に、抜いていい杭とダメな杭があるのをご存じだろうか? さて、この中で抜いていい杭・抜いてはいけない杭はどれでしょう?

抜いてはいけない杭はどれ?

こんにちは! ビギナー編集Aです。ゴルフ場の杭は4色あります。黄色はウォーターハザード、赤はラテラルウォーターハザード、青は修理地、白はOB。これは初心者ゴルファーたるもの覚えておかなければいけません。

ゴルフ場でよくある状況の中に、この杭のそばにボールが転がってしまう場合があります。そばまで転がらなくても、杭が邪魔でクラブが振れないことも。そんなときに、この杭をズボッと抜いてしまいたくなりますよね。

この4色の杭の中には抜いていいものと抜いてはいけないものがあるのをご存じですか?

4色の杭の中で抜いてはいけないのはどれ?

  • 黄色のウォーターハザードは抜いちゃだめでしょ
  • 赤のラテラルウォーターハザードは抜けないでしょ
  • 青の修理地は修理中だから抜けないはず
  • 白のOB杭は抜けないぞ!
  • いやいや、どれも抜いていいんじゃない?
  • 黄色のウォーターハザードは抜いちゃだめでしょ
    11
    1011
  • 赤のラテラルウォーターハザードは抜けないでしょ
    9
    813
  • 青の修理地は修理中だから抜けないはず
    13
    1186
  • 白のOB杭は抜けないぞ!
    49
    4498
  • いやいや、どれも抜いていいんじゃない?
    17
    1590

抜いてはいけないのは白のOB杭だけ。黄色と赤と青杭は抜けるんです!

画像: 抜いちゃだめ!

抜いちゃだめ!

ちなみに、白のOB杭を動かすと2打罰を受けてしまうので、注意してくださいね!

いかがでしたか? 正しい知識を身に着けて、楽しくラウンドしましょう!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.