「お前から打っていいよ」先輩ゴルファーにそう言われ、ティグラウンドに上がったはいいものの、あれ、これどこから打つのが正解だっけ? となるのが、初心者がおちいりがちな“ティグラウンドどこから打てばいいんだ問題”。実は先輩ゴルファーも正確にわかってなかったりするこの問題、すっきり解決しよう!

そもそもティグラウンドってなんだっけ?

「ティグラウンド」とは、プレーしようとするホールの最初の1打目を打つ場所のことを指す。その場所には、ティマーカーと呼ばれるティショットの区域を示す目印があり、2つでワンセットになっている。

このティマーカーには複数の色があり、色によってプレーする距離が変わる。青いティマーカーは上級者向けの“バックティ”、赤いティマーカーは女性向けの“レッドティ”などを示し、普通のゴルフなら、白いティマーカーで示される“レギュラーティ”からプレーするのが一般的だ。

画像: 同じ色のティマーカー同士を結ぶライン後方、2クラブレングス以内(クラブ2本分)の範囲内にボールをセットするのが正解

同じ色のティマーカー同士を結ぶライン後方、2クラブレングス以内(クラブ2本分)の範囲内にボールをセットするのが正解

ティグラウンドに上がったら、ティマーカー同士を結ぶラインより後方、2クラブレングス以内(クラブ2本分)の範囲内にボールをセットして、第1打をプレーするのが正解。ちなみに、2クラブレングスは平均的長さ(45.5インチ)のドライバーに換算すると約2.3メートル。ティマーカーを結んだライン×2.3メートルの長方形の範囲にティアップすればいいわけだ。

また、ティマーカーを結ぶ線より前(グリーン側)にティアップしてプレーすることはできない。このまま打つと2打罰になってしまうのだ。ティマーカーの前にティアップすることを、日本では俗に「出べそ」と呼ぶ。少しでも前に飛ばそうという気持ちは分かるけれど、きちんと決められた範囲の中で打とう。ちなみにティマーカーを移動するのもNG。

画像: ティマーカーを結ぶ線より前(グリーン側)にティアップしてプレーすると2打罰になってしまうので、決められた範囲の中で打とう

ティマーカーを結ぶ線より前(グリーン側)にティアップしてプレーすると2打罰になってしまうので、決められた範囲の中で打とう

というわけで、ティグラウンドとは「1打目を打つ場所」であり、打つのは「ティマーカーを結んだラインの後方2クラブレングスの範囲内」となる。初心者ゴルファーもまずこれだけは覚えておこう!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.