“ドライバーは9番アイアンの飛距離の2倍”という言葉を耳にしたことはないだろうか?「本当? と思うかもしれませんが、本当です」というのは、ショットメーカーとして知られる今野康晴プロ。ドライバーを飛ばすには、徹底的に9番アイアンを練習するのが近道みたいだ!

グリップエンドと右手首 2つの角度でインパクトが厚くなる

9番アイアンが5ヤード伸びると、ドライバーはその2倍の10ヤード伸びる。実はスウィングの精度が高い人ほど、このセオリーが当てはまるという。ならば、9番アイアンを練習するのがもっとも効率よく飛距離を伸ばす方法ということになる。クラブが短く、つかまりのいい9Iは、精度の高いスウィング作りにはもってこいなのだ。では、どこを意識すればいいのか。今野プロに、切り返しからインパクトまでのコツを聞いた。

「切り返しの直後はグリップエンドがボールのほうを指すような角度で下ろしましょう。その流れで右腰くらいの高さのハーフウェイダウンでクラブが飛球線とほぼ平行になれば、ミート率が確実にアップします」(今野、以下同)

画像: 切り返しの直後はグリップエンドがボールを指す角度で下ろす。これでプレーンどおりにクラブを下ろすことができる

切り返しの直後はグリップエンドがボールを指す角度で下ろす。これでプレーンどおりにクラブを下ろすことができる

そして、インパクトでは右手首の角度を保つことを心がける。「アドレスでは右手首が甲側に軽く折れていますよね。この角度が再現できれば、ボールをストレート軌道でとらえられて、曲がらない球が打てます」

画像: ボールを上げようとしないで、低い打ち出し角度で目標方向に押し込むイメージを持つと右手首の角度をキープでき、ハンドファーストインパクトが作れる

ボールを上げようとしないで、低い打ち出し角度で目標方向に押し込むイメージを持つと右手首の角度をキープでき、ハンドファーストインパクトが作れる

インパクトエリアではインサイドインのおだやかな円軌道を描くが、ジャストインパクトのポジションはボール3個分の真っすぐな軌道をイメージしよう。真ん中が実際のボール、前後が仮想ボール。

画像: ボール3個ぶん真っすぐ軌道

ボール3個ぶん真っすぐ軌道

9番を練習して効率よく飛距離を伸ばそう!

今野康晴(いまの・やすはる)1973年生まれ、岐阜県出身。日大ゴルフ部を経て96年プロ転向。05年日本シリーズなどツアー7勝

この記事は、発売中の週刊ゴルフダイジェスト2017年5/30号の特集「“9番アイアン”を打ったぶんだけ飛距離が伸びる!」の一部。この他にも、キム・ハヌルや松森彩夏らが9番アイアンを使ったスウィング作りに関して、目からウロコのレッスンを展開している。キム・ハヌルの表紙が目印だ!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.